■優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項

氏名または名称 富士企業株式会社 
業者番号 004411 

会社情報
住所(法人の場合は事務所・事業場の所在地)〒731-5136 広島県広島市佐伯区楽々園四丁目6番19号
代表者氏名(法人の場合)代表取締役 眞継 昭
役員等の氏名、就任年月日(法人の場合)
代表取締役 眞継 昭(令和2年6月1日就任)
取 締 役 大森雄嗣(昭和56年6月30日就任)
取 締 役 市川幸弘(令和2年6月1日就任)
取 締 役 上村賢治(令和2年6月1日就任)
監 査 役 大森雄男(平成28年6月30日就任)

令和4年6月21日現在
設立年月日(法人の場合)昭和33年6月27日
資本金・出資金の額(法人の場合)
1000万円
事業の内容
昭和33年6月
富士衛生工業株式会社設立 資本金100万円

昭和40年9月
広島市中区(舟入本町)に本社移転

昭和41年7月
2次増資にて資本金300万円となる

昭和46年2月
富士企業株式会社に社名変更

昭和47年3月
3次増資にて資本金500万円となる

昭和50年4月
4次増資にて資本金1,000万円となる

昭和50年6月
広島市佐伯区(楽々園)に本社移転

平成12年6月
ISO40001を認証取得

平成17年11月
ISO9001(建築物における清掃サービスの提供)を認証取得

平成19年6月
ISO9001(医療廃棄物の収集運搬)を認証取得

平成29年8月
ISO9001(全社)を認証取得

令和元年8月
広島県働き方改革実践企業の認定取得

許可の内容
事業計画の概要
【事業の全体計画】

1.中国、四国、九州、関西地区における産業廃棄物収集運搬業、及
び特別管理産業廃棄物収集運搬業
(1)排出事業者が処分を委託した処分業者の所まで、積替せずに直
接運搬を行なう。医療廃棄物については、当社保管場にて積替え保
管し、保管上限になる前に処分先へ搬出する。(許可証一覧参照)
(2)事前に排出事業者と文書による契約を結び、関係諸法令を遵守
し、業務を行う。廃棄物の処理状況については、電子マニフェスト
及び紙マニフェスト伝票を使用して確認する。

2.広島県、広島市、山口県における産業廃棄物処分業
 移動式脱水施設により、排出事業者から出される汚泥を中間処理
(脱水)し、肥料等にリサイクルする。
【処理計画量】

単位:t/月

●産業廃棄物収集運搬
燃え殻 0.1
汚泥 32.2
廃油 0.2
廃酸 0.1
廃アルカリ 0.1
廃プラスチック類 28.6
紙くず 0.1
木くず 7.7
繊維くず 0.1
動植物性残さ 1.2
動物系固形不要物 0.1
ゴムくず 0.1
金属くず 2.5
ガラス、コンクリート陶磁器くず 4.0
鉱さい 0.6
がれき類 2.9
動物のふん尿 0.1
動物の死体 0.1
ばいじん 0.5

●特別管理産業廃棄物収集運搬
廃油 0.8
廃酸 0.1
廃アルカリ 0.1
感染性産業廃棄物 45.3
ばいじん 0.1
燃え殻 0.1
汚泥 0.2
廃PCB等 4.9
PCB汚染物 0.1
鉱さい 0.1
廃石綿等 36.1

●産業廃棄物処分業
汚泥 1.0
【具体的な計画】

●収集運搬業
バン、脱着装置付コンテナ専用車、キャブオーバ、タンク車を使用
し収集運搬を行う。

●処分業
移動式脱水車にて、排出事業所から汚泥を抜き取り脱水する。
発生した脱水ケーキは、別の運搬車両にて中間処分場へ運搬する。
脱離液は排出事業所内の原水槽へ戻す。

・業務を行う時間 8時間/日  ・休業日 土曜、日曜及び祝日
【環境保全措置の概要】

●収集運搬業
・廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属
くず、ガラスくず等、がれき類
フレコンバッグに入れ、車両の荷台にロープで固定し、飛散流出し
ないように運搬する。

・燃え殻、汚泥、動植物性残さ、動物系固形不要物、鉱さい、動物
のふん尿、動物の死体、ばいじん、13号廃棄物、自動車等破砕物、
水銀含有ばいじん等
密閉式オープンドラム缶に入れ、車両の荷台にロープで固定し、飛
散流出しないように運搬する。

・廃油
タンク車で運搬する。もしくは、密閉式クローズドラム缶に入れ、
車両の荷台にロープで固定し、飛散流出しないように運搬する。

・廃酸、廃アルカリ、水銀含有ばいじん等
密閉式ポリ容器に入れ、車両の荷台にロープで固定し、飛散流出し
ないように運搬する。

・石綿含有産業廃棄物(廃石綿等を除く)
変形又は破断しないよう原形のまま整然と積み込み・荷下ろしをし
て、飛散流出しないよう、車両の荷台をシートで被覆し運搬する。
また、他の廃棄物と混合することがないよう区分して収集運搬する


・水銀使用製品産業廃棄物
オープンドラム缶又は専用コンテナ(ダンプラ製)に入れ、変形又
は破損しないよう整然と積込み・荷下ろしし、運搬する。また、他
の廃棄物と混合することがないよう区分して収集運搬する。

・水銀含有ばいじん等
密閉式オープンドラム缶・密閉式ポリ容器に入れ、車両の荷台にロ
ープで固定し、飛散流出しないように運搬する。

・感染性産業廃棄物
バイオハザードマーク付感染性産業廃棄物専用ペール缶又は、バイ
オハザードマーク付感染性産業廃棄物専用プラスチック容器(3種)
に入れ、保冷車にて運搬する。

・廃石綿等
廃石綿等が飛散流出しないよう廃石綿等専用袋(二重袋)に入れ、
車両の荷台をシートで被覆して運搬する。また、廃石綿等がその他
の廃棄物と混合することがないよう区分して収集運搬する。

・廃ポリ塩化ビフェニル等、ポリ塩化ビフェニル汚染物、ポリ塩化
ビフェニル処理物
廃棄物処理法に定める基準に従い、PCB廃棄物が飛散流出しないよ
う、JESCO認定の運搬容器に入れて運搬する。
運搬容器はみだりに転倒させ、落下させ、衝撃を加え、又は引きず
る等粗暴な行為はしない。
PCB廃棄物は保管場所で運搬容器に収納することとし、やむを得ず
施設内でPCB廃棄物を移動する時は、できる限り移動距離が短くな
るようにする。その移動経路については、PCB廃棄物の飛散流出防
止、雨水付着防止、床面保護(防水シートの敷設等)等、事前に打
ち合わせし必要な措置を講ずる。
積込み、積下しにあたっては、PCB廃棄物が飛散流出しないよう収
納する。

●処分業
 脱水車は密閉構造のため、悪臭は発生しない。作業中は車両のエ
ンジンを停止するため、騒音・振動も発生しない。
【その他】

業許可証の写し詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(収集運搬業者)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(文字表記) 
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(画像添付)詳細(クリックで表示)
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(文字表記)
●産業廃棄物
(1)品目:医療廃棄物(廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、金
属くず、ガラスくずコンクリートくず及び陶磁器くず)
面積:8.01平方メートル
保管上限量:16.50立方メートル
設備の概要:屋根付鉄製コンテナ
環境保全対策:各廃棄物は容器に入れたまま屋根付鉄製コンテナに
積替え、飛散流出、地下浸透、悪臭の漏出を防止する。

(2)品目:廃パソコン等電子機器(廃プラスチック類、金属くず、
ガラスくずコンクリートくず及び陶磁器くず)
面積:5.0平方メートル
保管上限量:3.5立方メートル
設備の概要:木造平屋建倉庫
環境保全対策:各廃棄物は屋内に設置したフレコンバッグに収容し
、飛散流出、地下浸透、悪臭の漏出を防止する。

(3)品目:廃パソコン等電子機器(廃プラスチック類、金属くず、
ガラスくずコンクリートくず及び陶磁器くず)
面積:6.0平方メートル
保管上限量:3.5立方メートル
設備の概要:木造平屋建倉庫
環境保全対策:各廃棄物は屋内に設置したフレコンバッグに収容し
、飛散流出、地下浸透、悪臭の漏出を防止する。

(4)品目:廃パンク修理剤(汚泥、金属くず)
面積:2.1平方メートル
保管上限量:1.4立方メートル
設備の概要:木造平屋建倉庫内鉄製コンテナ
環境保全対策:各廃棄物は、密閉式プラスチック容器に入れたまま
屋内に設置した鉄製コンテナに収容し、飛散流出、地下浸透、悪臭
の漏出を防止する。

●特別管理産業廃棄物
品目:医療廃棄物(感染性産業廃棄物)
面積:25.19平方メートル
保管上限量:64.23立方メートル
設備の概要:屋根付鉄製冷蔵コンテナ
環境保全対策:廃棄物は容器に入れたまま屋根付鉄製冷蔵コンテナ
に積替え、飛散流出、地下浸透、悪臭の漏出を防止する。

所在地:広島県廿日市市大野字下更地1886-1
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(画像添付) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(文字表記) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(画像添付)詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(処分業者)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記)
移動式脱水施設(汚泥)
設置場所:広島県、広島市及び山口県における汚泥排出施設敷地内
に限る。
設置年月日:平成15年6月2日設置
処理能力:汚泥 51.2立方メートル/日(8時間)
処理方式:遠心脱水
環境保全対策:排ガスの排出はありません。脱離液は下水処理場に
移送するので生活環境への負荷はありません。
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付) 
処理施設の設置許可証の写し詳細(クリックで表示)
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図詳細(クリックで表示)
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記) 
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付)詳細(クリックで表示)
二次委託先の個社名の公表開示の可否開示可
二次委託先の個社名の公表開示の状況開示済み(Web)
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(文字表記) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(文字表記)
令7条の2に掲げる産業廃棄物処理施設に該当しません。
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(画像添付) 
直前3年間の熱回収量等詳細(クリックで表示)

財務諸表
前年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々々年財務諸表詳細(クリックで表示)

料金
料金の提示方法
見積書による
料金表、料金算定式(文字表記)
御見積は無料でいたしますので、お気軽にご相談ください。

富士企業株式会社
(代 表)   TEL:082-923-0188 FAX:082-922-5526
(廃棄物処理) TEL:082-961-3602 FAX:082-961-3603
(環境分析調査)TEL:082-923-9957 FAX:082-923-0244
(ビルメンテナンス)  TEL:082-923-0870 FAX:082-924-3227
(建築設備工事)TEL:082-923-9731 FAX:082-922-6359
 E-mail: fujikigyo@fuji-nt.co.jp
料金表、料金算定式(画像添付) 

社内組織体制
社内組織図詳細(クリックで表示)
人員配置
社内組織図をご参照ください。

事業場の公開
事業場の公開の有無、頻度
事業場の公開:有り (依頼の都度)

自由記載(任意)
その他特記事項
 弊社は、創業以来、廃棄物処理、環境分析調査、ビルメンテナン
ス、建築設備工事など、多種多様な方面から環境関連分野に積極的
な取り組みをして参りました。
 創業以来の「社会に真心を奉仕する」という社是のもと、地域社
会の快適な環境作りに微力ながら貢献できたのではないかと自負し
ています。
 しかし、生活環境は、エネルギーや物の大量消費、大量廃棄等に
より、地球の温暖化、オゾン層の破壊、環境ホルモンによる環境汚
染、資源の枯渇等と多岐にわたり多くの問題が生じてきています。
これからの社会は廃棄物を捨てる時代、処分する時代からリサイク
ル、リデュース、リユースする循環型社会の形成を目指していかな
ければなりません。
 今後とも、技術の向上、設備の整備充実に努め、総合環境保全企
業として企業力を磨き、さらなる技術提供力の向上に向けて、研鑽
を続けていきたいと考えています。
 今後ともよろしくご鞭撻ご愛顧のほどお願いいたします。
自社ホームページURL
表示(クリックで表示)
閉じる