■優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項

氏名または名称 株式会社 ミヤテック 
業者番号 006676 

会社情報
住所(法人の場合は事務所・事業場の所在地)〒515-0033 三重県松阪市垣鼻町896番地19
代表者氏名(法人の場合)代表取締役 宮崎 正弥(令和 3年 7月31日就任) (2022年4月30日現在)
役員等の氏名、就任年月日(法人の場合)
  代表取締役  宮崎正弥  (令和 3年 7月31日就任)
  取締役  宮崎正次  (令和 3年 7月31日就任) 
  取締役  宮崎幸雄  (昭和55年 7月 1日就任)
  取締役  宮崎弘喜  (令和 3年 7月31日就任)
  取締役  宮崎亘   (令和 3年 7月31日就任)
  監査役  宮崎恵子  (昭和55年 7月 1日就任)
      
(2022年4月30日現在)
設立年月日(法人の場合)昭和55年 7月 1日
資本金・出資金の額(法人の場合)
2,000万円
事業の内容
昭和55年 7月 1日  有限会社宮崎商店設立 出資金 400万円
         本社:三重県松阪市垣鼻町896番地19
昭和62年 6月19日 三重県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成 5年 9月 7日 三重県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成 5年11月 1日 三重県質量に係る計量証明事業登録
平成 7年 4月11日 三重県産業廃棄物処分業許可取得
平成 8年 3月19日 愛知県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成 8年 5月 1日 名古屋市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成 8年 7月 5日 滋賀県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成 9年 6月10日 愛知県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成13年 3月21日 産業廃棄物処分業許可取得(本社工場)
平成13年 9月10日 ISO14001認証取得(本社工場)
平成14年12月13日 三重県産業廃棄物処分業許可取得(多気工場)
      三重県特別管理産業廃棄物処分業許可取得
         (多気工場)
平成15年 4月22日 社名変更 株式会社ミヤテック
         資本金1000万円
平成16年 1月28日 豊田市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成16年 9月10日 ISO14001認証取得(本社工場・多気工場)
平成16年10月25日 一般貨物運送事業許可取得
平成17年 3月18日 和歌山県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成17年 5月 1日 名古屋市特別管理産業廃棄物収集運搬業許可
         取得
平成17年 5月24日 浜松市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成17年 5月26日 静岡市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成18年 2月20日 豊橋市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成18年 3月 6日 岐阜県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成18年 3月18日 岐阜市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成19年 1月25日 神戸市特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成19年 1月31日 神戸市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成19年 4月10日 姫路市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成19年 9月14日 資本金2,000万円に増資
平成19年12月10日 岐阜県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成20年 2月27日 特定労働者派遣事業届出
平成20年10月 8日 広島市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成21年 3月26日 静岡県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成21年 8月11日 大阪府産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成21年 8月12日 大阪市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成21年 8月20日 堺市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成24年 1月23日 神戸市産業廃棄物収集運搬業優良基準適合
平成24年 1月23日 神戸市特別管理産業廃棄物収集運搬業
         優良基準適合
平成24年 2月23日 三重県産業廃棄物収集運搬業優良基準適合
平成24年 2月23日 三重県特別管理産業廃棄物収集運搬業
         優良基準適合
平成24年 3月27日 愛知県特別管理産業廃棄物収集運搬業
         優良基準適合
平成24年 3月27日 岐阜県産業廃棄物収集運搬業優良基準適合
平成24年12月10日 岐阜県特別管理産業廃棄物収集運搬業
         優良基準適合
平成26年 9月30日 三重県産業廃棄物処分業 造粒固化追加
平成26年12月21日 広島県産業廃棄物収集運搬業許可取得





許可の内容
事業計画の概要
【事業の全体計画】
☆事業計画
産業廃棄物の適正処理の確保を図る為中間処理施設による減量化安
定化を図ると共に廃棄物の分別保管積替施設を設置して適正処理を
行い処理処分施設へ運搬するものとする。

☆理念
 堀阪の緩やかの山のふもと、清流・櫛田川が伊勢湾へそそぐ、
 自然と歴史に恵まれた松阪と、四季折々自然がかもしだす風情
 たっぷりの多気町で産業廃棄物処理を生業として事業を営む
 当社は”地球にやさしい産廃処理”を経営の重点課題とした
 取り組み、よりよき環境の実現を図るため環境方針を定め、
 環境管理活動の継続的な推進を実行します。

☆環境方針
 1.当社は、お客様に理解、サービス業に従事する立場として、
  汚染の予防、廃棄物の適正処理、廃棄物のリサイクルに取り
  組み、地球環境保護に貢献することこと事を約束します。
 2.当社は、関連する法規制及び当社が同意する要求事項を順守し
  ます。
 3.当社は、環境管理活動に当たり、活動、製品及びサービスに
  ついて環境影響評価を行い環境目標を定め年1回の見直し又は
  都度見直し、環境マネジメントシステムの継続的改善に努
  める。
 a)焼却施設の稼働に伴う大気汚染の防止の監視・測定を実施し
  地域社会への影響の除去に努めます。
 b)事業活動に適用される環境関連法規制及び関係法令、及び
  その他の要求事項を順守します。
 c)省エネ活動を実施し、すべての事業活動におけるCO2排出量
  の削減に努めます。
 d)投入資源は最小化でも、売上対前年比2%の増加をめざし、
  その上で環境保護の重要性を認識しEMS構築と継続的改善を
  図ります。
 4.地域の環境改善活動に積極的に参加し、社会から高い信頼を
  得られるように努め、産業廃棄物業界の中でも範となる業務
  の遂行に努めます。
 5.この環境方針は社員及び当社のために働く全ての人に対して
  周知させ、環境に対する理解を深め意識の向上を図ります。
 6.生態系への影響の削減に努め、生物多様性の保全に取り組み
  ます。
 7.この環境方針は一般に公開し、環境管理活動についても必要
  に応じて開示し、地域社会・利害関係者とのコミュニケーシ
  ョンを図ります。

☆事業の範囲
 一般廃棄物収集運搬業
 ・松阪市・津市・伊勢市・明和町・多気町・玉城町・鈴鹿市・
  度会町
 産業廃棄物収集運搬業
 ・三重県・愛知県・岐阜県・滋賀県・和歌山県
 大阪府・広島県
 産業廃棄物中間処理業
 ・三重県
 特別管理産業廃棄物収集運搬業
 ・三重県・愛知県・岐阜県
 特別管理産業廃棄物中間処理業
 ・三重県

☆事業の目的
 1.鉄屑、非鉄金属、紙類、繊維品、廃プラスチック類の回収、
  処理及び販売
 2.産業廃棄物の収集運搬及び中間処理、最終処分
 3.一般廃棄物の収集運搬
 4.廃棄物のリサイクル業務
 5.建設業法に基づく土木一式工事、建築一式工事、とび・土工・
  コンクリート工事、石工事、鋼構造物工事、舗装工事、
  しゅんせつ工事、水道施設工事の施工
 6.土砂、砂利採取及び販売業
 7.カーエアコン、業務用冷凍空調機器、家庭用冷蔵庫等の冷媒
  ガスの回収事業
 8.産業用機器の据付・撤去・清掃・買取事業
 9.ビル、店舗、工場内外の塗装ブース、ピット、側溝、
  グリストラップ等の清掃作業
 10.一般貨物自動車運送事業
 11.労働者派遣事業
 12.前各号に付帯する一切の業務

【処理計画量】
・産業廃棄物の種類ごとの運搬量等
 種類       性状 運搬量(単位:t/月)
 燃え殻      固形   5
 汚泥       泥状   30
 廃油       液状   20
 廃酸       液状   5
廃アルカリ    液状   5
 廃プラスチック類 固形  50
 紙くず      固形   10
繊維くず     固形   2
 木くず      固形   30
 動植物性残渣   固形   1
 ゴムくず     固形    1
 金属くず     固形   50
 ガラスくず等   固形   10
 鉱さい      固形   20
 がれき類     固形   50
 ばいじん     固形    1
 (以下特別管理産業廃棄物)
 引火性廃油    液状  0.1
 腐食性廃酸    液状   1
 腐食性廃アルカリ 液状   1
 特定有害廃石綿等 固形   1
 特定有害汚泥   液状  0.4
 感染性廃棄物   固形  0.1
 特定有害廃酸   液状  0.1
 特定有害廃アルカリ液状  0.1

・産業廃棄物の種類ごとの処分量
 種類      処分方法   性状  処分量(単位:t/月)
 廃プラスチック類 破砕    固形   20
          圧縮梱包  固形   15
 (中間処理後)   焼却 固形    1
 ゴムくず     破砕    固形    3
 紙くず      破砕    固形   15
圧縮梱包  固形   10
 (中間処理後)   焼却 固形    1
 ガラス陶磁器くず 破砕    固形    9
 木くず      破砕    固形   39
 (中間処理後)   焼却 固形    3  
 金属くず     破砕    固形   15
 繊維くず     破砕    固形   3
          圧縮梱包  固形    5
 (中間処理後)   焼却 固形    1
 がれき類     破砕    固形   30
 動植物性残渣   破砕    固形   2
 廃油     油水分離    液状    7
 (中間処理後)   焼却 泥状    2 
 汚泥     脱水   泥状   10
混練    泥状   10
          造粒固化  泥状   100
(中間処理後)   焼却 泥状    3 
 廃酸       中和    液状    1
 廃アルカリ    中和    液状    1
(以下特別管理産業廃棄物)
 腐食性廃酸    中和   液状  1
 腐食性廃アルカリ 中和   液状  1


【具体的な計画】
産業廃棄物収集運搬業
・三重県内及び近隣の県の排出企業から委託を受け自社中間処理
 施設及び他社処理施設への搬入を行なうための収集運搬を行な 
 う。
 (自社以外の運搬先)
 焼却処分・埋立処分・リサイクルに搬入


産業廃棄物中間処理業
・三重県内及び近隣の県の排出事業者、収集運搬業者が搬入
 した廃棄物を本社(破砕・油水分離)又は多気工場(破砕・圧縮・
 中和・脱水・混練・焼却)、大口工場(造粒固化)において中間処理を
 行う。又中間処理後は、再資源化業者に売却もしくは最終処分施
 設に搬入する。焼却処分・埋立処分・リサイクルに搬入


【環境保全措置の概要】
・環境保全の概要(収集運搬)
 ISO14001認証取得
 荷台へのシート掛けあおりをして飛散防止
 液状又は泥状のものを運ぶ場合ダンパー車ドラム缶m3タ
 ンクを使用し運搬時の液体の流出を防ぐ
 ダンパー車はハッチレバー等の閉め忘れの確認を徹底する

・環境保全措置概要(処分)
 飛散・防止措置 施設の基礎は全てコンクリート土台とし周囲
 も囲い飛散流出悪臭対策をしている。破砕・圧縮梱包・中和
 ・脱水・油水分離施設は建屋内にて設置。廃棄物に対する事前
 情報収集



【その他】

業許可証の写し詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(収集運搬業者)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(文字表記)
車両番号          最大積載量    積載可能寸法
                     全長×幅×高さ(mm)
□クレーン付アームロール車   
 三重130あ3805 7,200kg  3,750×2,000×1,500
 三重100は1727        6,900kg  3,650×2,050×1,600
 三重130い3803 7,000kg  3,750×2,000×1,500
 三重130さ3810        7,000kg 3,750×2,000×1,500
三重130さ3814        6,900kg  3,750×2,000×1,500
□アームロール車
 三重130さ3811 3,000kg  2,600×1,550×1,250
 三重130い3804 3,000kg  2,600×1,550×1,250
三重130さ3808 3,950Kg 3,500×2,000×1,450
三重130さ3812        8,000kg  3,500×2,000×1,450
 三重130あ3809 10,500kg 5,700×2,100×2,300
 三重100は1809 10,900kg 5,700×2,100×2,300
□機械式収集車(圧縮板式) 
 三重830さ3801        4,150kg
 三重830え3802        2,650kg 
三重830い3813        1,400kg
□クレーン付平ボデー車
 三重100あ6182        3,000kg  3,700×2,100× 700
 三重130さ3807        3,400kg 3,700×2,100× 700
三重100は1967       10,600kg  6,700×2,400× 800
三重130さ3815        9,500kg  6,700×2,400× 800
□平ホデー車
 大阪130き 67       14,100kg  1,199×2,490×3,100
□吸引車(汚泥吸引車)
 三重800は 89 10,320kg   
 三重830い3806        9,470kg    
□バン
 三重483き3858         350kg 2,500×1,300×1500
三重430せ3851         750kg 3,000×1,600×1,500
三重483あ3860         350kg 1,940×1,410×290
合計24台              (2022年5月31日現在)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(画像添付)詳細(クリックで表示)
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(文字表記)
●本社工場
 三重県松阪市垣鼻町896番地13・896番地19・896番地20
 面積148.55m2
 設備の概要 スケール×1基 積替重機×2台 リフト×3台
 洗車設備・消火設備・作業建屋・事務所・休憩所・駐車場
 環境保全対策 建屋内にて積替えを実施し臭気、騒音、粉塵等
 の防止 排水溝設置、コンクリート造りによる地下水汚染防止
 周囲を塀で囲い飛散防止
廃棄物種類:保管上限量          
1.廃プラスチック類:23m3
  廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物):10m3
2.木くず:30m3
3.金属屑:30m3
4.紙くず:30m3
5.繊維くず:30m3
6.ゴムくず:30m3
7.がれき類:23m3 
  がれき類(石綿含有産業廃棄物):10m3 
8.ガラス屑及び陶磁器屑:23m3
  ガラス屑及び陶磁器屑(石綿含有産業廃棄物):10m3
9.廃油:6.4m3
10.廃自動車:39.6m2(高さ3m)

●多気工場
 三重県多気郡多気町笠木1474番地1・1475番地1・1492番地1
 面積212.75m2 特管170.5m2
 設備の概要 スケール×1基、積替重機×4台、リフト×5台、
 洗車設備、消火設備、作業建屋、事務所、休憩所、駐車場
 環境保全対策 建屋内にて積替えを実施し臭気・騒音・粉塵等
 の防止 排水溝設置 コンクリート造りによる地下水汚染防止
 周囲を塀で囲い飛散防止
廃棄物種類:保管上限量          
1.廃プラスチック類:23m3
  廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物):10m3
2.木くず:30m3
3.金属屑:30m3
4.紙くず:30m3
5.繊維くず:5m3
6.ゴムくず:5m3
7.がれき類:31.8m3 
  がれき類(石綿含有産業廃棄物):10m3 
8.ガラス屑及び陶磁器屑:2.5m3
  ガラス屑及び陶磁器屑(石綿含有産業廃棄物):3m3
9.動植物性残渣:30m3
10.鉱さい:30m3
11.廃油:8.4m3
12.汚泥:50m3
13.燃え殻:10m3
14.ばいじん:10m3
15.廃酸:5m3
16.廃アルカリ:5m3 
17.腐食性廃酸:5m3
18.腐食性廃アルカリ:5m3
19.引火性廃油:5m3
20.特定有害廃石綿:10m3 
21.特定有害汚泥(条件あり):30m3
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(画像添付) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(文字表記) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(画像添付)詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(処分業者)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記)
■本社工場
 □破砕施設(昭和61年1月25日設置)
 ・設置場所・・・三重県松阪市垣鼻町896番地13
 ・処理能力(1日=8h)
  廃プラ・・・4.7t/日    ゴムくず・・・15.4t/日
  紙くず・・・2.3t/日    ガラスくず等・・・13.4t/日
  木くず・・・7.3t/日    金属くず・・・15.1t/日
  繊維くず・・・1.6t/日   がれき類・・・19.8t/日
 ・処理方式
  切断方式
・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  施設の材質:SS 鉄板の厚みは20mm~35mm
  地面はコンクリート造、周囲は鉄製塀(H7000~9000)にて施工
  。
  施設は建屋の中にあり、屋根はスチール製で施工されており
  飛散・流出・悪臭の発生はない。
 ・騒音対策:塀と防音壁に吸音材の設置により対策
 ・振動対策:破砕機の基礎は独立基礎になっており振動は直接伝
わらなくなっている。
 ・粉塵対策:散水設備を設けて散水する。周囲を7mの塀にて囲
む。
 ・許可番号 第66-4号
 ・受入前の保管施設  面積 100m2   保管能力 250m3
  処理後保管施設  面積 134.4m2  保管能力 240m3
□油水分離施設(昭和61年3月17日設置)
 ・設置場所・・・三重県松阪市垣鼻町896番地20
・処理能力(1日=8h)
  廃油・・・8m3/日
 ・処理方式
  比重分離方式
・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  施設の材質:SS 2槽 鉄板の厚みは6mm
  地面はコンクリート造、周囲は鉄製塀(H4500~6000)にて施工
  。
  施設は建屋の中にあり屋根部分は、巻き込み式ビニールシート
  になっており、飛散・流出・悪臭の発生はない。
 ・油水分離後の吸着マットは焼却処理され、処理水は焼却炉用洗
  浄水として使用する
 ・受入前の保管施設  面積 6.25m2  保管能力 32本(200l)
  処理後保管施設  面積 6.25m2   保管能力 32本(200l)
■多気工場
 □破砕施設(平成7年2月7日設置)
 ・設置場所・・・三重県多気郡多気町笠木1474番地1
 ・処理能力(1日=8h)
  廃プラ・・・16.0t/日    ゴムくず・・・17.6t/日
  紙くず・・・15.2t/日    ガラスくず等・・・18.8t/日
  木くず・・・15.6t/日    金属くず・・・16.4t/日
  繊維くず・・・15.2t/日   がれき類・・・16.9t/日
  動植物性残さ・・・15.2t/日
 ・処理方式
  自走式二軸剪断機(油圧式)
 ・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  施設の材質:SS 鉄板の厚みは15mm~30mm
  地面はコンクリート造、周囲はコンクリート塀(H2500)その上
  鉄塀(H4500)にて施工。
  施設は建屋の中にあり、屋根はスチール製で施工されており飛
  散・流出・悪臭の発生はない。
 ・許可番号 第84-2号
・受入前の保管施設  面積 36m2  保管能力 45m3
  処理後保管施設  面積 32.4m2  保管能力 38.88m3
 □脱水施設(平成14年11月1日設置)
 ・設置場所・・・三重県多気郡多気町笠木1492番地1
 ・処理能力(1日=8h)
  汚泥・・・9m3/日
 ・処理方式
  フィルタープレス脱水機
 ・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  施設の材質:SS、ステンレス 
  建物内にあり、周囲はスレート張りになっており、飛散
  ・流出・悪臭の発生はない。
  ろ液は自社焼却炉ににて排ガス洗浄用として使用
 ・受入前の保管施設  面積 14.04m2  保管能力 39m3
  処理後残渣保管施設 面積 25m2    保管能力 25m3
□混練施設(昭和61年11月1日設置)
 ・三重県多気郡多気町笠木1492番地1
 ・処理能力(1日=8h)
  汚泥・・・50m3/日
 ・処理方式
  固化剤調合方式
 ・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  施設の材質:コンクリート造 250mm
  コンクリート造(2500×2500×5000)(2000×2500×5000)
  スチール製の蓋をすることにより、飛散・流出・悪臭の発生
  はない。 
 ・受入前の保管施設  面積 22.5m2  保管能力 56m3
  処理後残渣保管施設 面積 22.5m2  保管能力 56m3
□中和施設(平成14年11月1日設置)
 ・設置場所・・・三重県多気郡多気町笠木1492番地1
 ・処理能力(1日=8h)
  廃酸・・・9m3/日
  (腐食性廃酸・・・9m3/日)
  廃アルカリ・・・9m3/日
  (腐食性廃アルカリ・・・9m3/日)
 ・処理方式
  ph調整方式
 ・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  施設の材質:ステンレス等
  施設は建屋の中にあり、中和槽は腐食防止の為、ステン製とし
  設置基礎はコンクリート造、周囲はブロック造でオーバーフロ
ー時は原水槽に導水するようになっている。飛散・流出・悪臭
  の発生はない。
 ・中和処理後の排水は脱水処理をする。
・受入前の保管施設 保管能力 28m2(ダイライトタンク)
  処理後保管施設  保管能力 32m2(コンクリート槽)
□圧縮梱包施設(平成17年12月26日設置)
 ・設置場所・・・三重県多気郡多気町笠木1475番地1
 ・処理能力(1日=8h)
  廃プラ・・・202.4t/日    紙くず・・・138.72t/日
  繊維くず・・・100.88t/日
 ・処理方式
  圧縮梱包方式
 ・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  材質:圧縮梱包機材質はSSで材料の厚みは15mm~30mm
  施設は建屋の中にあり、地面はコンクリート造、周囲はブロッ
  ク造で飛散・流出・悪臭の発生はない。又低騒音タイプであ 
  る。
・受入前の保管施設  面積 65.6m2  保管能力 100m3
  処理後保管施設  面積 27m2  保管能力 81m3
 ◇焼却施設(平成 6年12月21日設置)
  産業廃棄物処理施設 許可番号 第231号の5
 ・設置場所・・・三重県多気郡多気町笠木1492番地3、1474番地3
 ・処理能力(1日=8h)
  汚泥・・・2.4t/日    廃油・・・0.8t/日
  廃プラ・・・0.96t/日   木屑・・・4.8t/日
  紙くず・・・4.8t/日   繊維くず・・・4.8t/日
但し中間処理廃棄物に限る
  炉床面積・・・54.1m2
 ・処理方式
  二重扉スライド式焼却炉(ホッパー方式)
・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  燃焼ガス温度は800℃以上とし、燃焼ガス滞留時間は2秒以上と
  する。排ガスは多段式湿式スクラバー洗浄方式
  施設は建屋内にて設置
 ・焼却灰は他社にて処理する。
 ・受入前の保管施設  面積  5.1m2  保管能力 10.2m3
  処理後残渣保管施設 面積 14.25m2  保管能力 10m3
■大口工場
 □造粒固化施設(平成26年9月30日設置)
 ・設置場所・・・三重県松阪市大口町660番地
 ・処理能力(1日=8h)
  汚泥・・・240t/日
 ・処理方式
  バッチ式
・構造及び設備(環境保全設備を含む)概要
  施設の材質:SS 鉄板の厚みは20mm~35mm
  地面はコンクリート造
  施設はコンクリート造りであり、屋根はスチール製で施工され
  ておりピットの周辺は立ち上げてある
  飛散・流出・悪臭の発生はない。
 ・騒音対策:低騒音タイプの施設であり、また工業専用地域なの
  で問題はない
 ・振動対策:防振ゴムが設置してある。また低振動タイプである
 ・粉塵対策:散水設備を設けて散水する。周囲を塀にて囲む。
 ・受入前の保管施設  ピット     保管能力 850m3
               面積65m3 保管能力 130m3
  処理後保管施設  面積 277.14m2 保管能力 380.24m3
 ・処理後は改良土として販売
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付) 
処理施設の設置許可証の写し詳細(クリックで表示)
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図詳細(クリックで表示)
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記) 
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付)詳細(クリックで表示)
二次委託先の個社名の公表開示の可否開示不可
二次委託先の個社名の公表開示の状況未開示
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(文字表記) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(文字表記) 
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の熱回収量等 

財務諸表
前年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々々年財務諸表詳細(クリックで表示)

料金
料金の提示方法
お見積書による(無料)
料金表、料金算定式(文字表記)
収集運搬及び処理処分費につきましては種類、量により計算いたし
ます。当社営業部にて無料でお見積もりいたします。

本社 0598-51-2122
料金表、料金算定式(画像添付) 

社内組織体制
社内組織図詳細(クリックで表示)
人員配置
人員配置は上記社内組織図にて記載

職務分掌

※管理部  ・財務に関すること
      ・予算・決算に関すること
      ・資金運用に関すること
      ・マニフェストに関すること
       ・人事事項事務に関すること
      ・配車、運転手の手配に関すること
      ・その他これらに付随する業務
※営業部  ・新規顧客の開拓に関すること
      ・既存顧客のフォロー・管理に関すること
      ・その他これらに付随する業務
※業務部  ・中間処理施設の運営、維持、管理に関する
こと
      ・所有車両の管理に関すること
      ・所有車両の点検及び整備に関すること
      ・その他これらに付随する業務
※公害防止担当者 ・施設の安全管理に関すること
         ・公害防止に関すること
         ・その他これらに付随する業務
※全社安全衛生委員会・労働安全に関すること
          ・その他これらに付随する業務
※ISO事務局 ・ISO運営に関する業務
          ・その他これらに付随する業務
※環境対策委員会  ・環境マネジメントシステムの見直し機関

令和4年1月31日

事業場の公開
事業場の公開の有無、頻度
年1回公開(地元住民)随時見学可本社 0598-51-2122

自由記載(任意)
その他特記事項
 
自社ホームページURL
表示(クリックで表示)
閉じる