■優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項

氏名または名称 興隆産業株式会社 
業者番号 007253 

会社情報
住所(法人の場合は事務所・事業場の所在地)〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町一丁目1番1号 
代表者氏名(法人の場合)代表取締役  中川 真治   令和5年3月1日現在
役員等の氏名、就任年月日(法人の場合)
代表取締役   中川 真治(平成25年1月4日就任)
取締役     花谷 登 (平成25年1月4日就任)
取締役     三木 登志生(令和4年3月31日就任)
監査役     村上 純二(令和4年3月31日就任)

              令和5年3月1日現在
設立年月日(法人の場合)昭和55年6月19日
資本金・出資金の額(法人の場合)
資本金:20,000,000円
出資金: 1,130,000円


              令和5年3月1日現在
事業の内容
昭和52年11月 利興産業株式会社設立 
三菱電機㈱神戸製作所の構内運搬、設備メンテ、
       廃棄物の管理を行う。
昭和55年 6月 会社商号を 興隆産業株式会社 に改称
        (資本金 2000万円)

昭和56年 8月 神戸市産業廃棄物収集運搬業許可取得

昭和57年 8月 兵庫県産業廃棄物収集運搬業許可取得

昭和59年10月 北伊丹事業所開設

昭和61年 2月 神戸市中央区琴ノ緒町に本社移転

平成 5年 8月 大阪府産業廃棄物収集運搬業許可取得

平成 6年 1月 神戸市特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成 6年 5月 大阪府特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成 6年12月 兵庫県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得

平成11年 3月 環境マネジメントシステム「ISO14001」
       の認証を取得

平成13年11月 遠矢浜リサイクルセンター設立
 神戸市にて積替・保管許可取得

平成15年 6月 岡山県産業廃棄物収集運搬業許可取得
 岡山県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得

平成16年 3月 神戸市中央区三宮町に本社移転

平成16年 3月 北海道産業廃棄物収集運搬業許可取得      
  北海道特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得

平成16年 8月 神戸市にて中間処理業許可取得

平成16年10月 徳島県産業廃棄物収集運搬業許可取得

平成17年12月 奈良県産業廃棄物収集運搬業許可取得

平成18年 1月 堺事業所開設
平成18年 3月 一般貨物自動車運送事業の営業開始

平成20年 9月 京都府産業廃棄物収集運搬許可取得

平成21年 2月 京都府特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得
平成21年 6月 香川県産業廃棄物収集運搬許可取得
       香川県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得
平成21年 9月 和歌山県産業廃棄物収集運搬許可取得
       和歌山県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成21年12月 安全性優良事業所(Gマーク)認定

平成22年 3月 山口県産業廃棄物収集運搬許可取得
       山口県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成22年 8月 兵庫県第一種フロン類回収業者登録

平成22年11月 愛媛県産業廃棄物収集運搬許可取得
 愛媛県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

微量PCB含有絶縁油の収集運搬開始

平成22年12月 大阪府第一種フロン類回収業者登録

平成23年 1月 鳥取県産業廃棄物収集運搬許可取得
 鳥取県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得
平成23年 3月 福岡県産業廃棄物収集運搬許可取得
 福岡県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得
平成23年 5月 奈良県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成24年 2月 福島県産業廃棄物収集運搬許可取得
 福島県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得
平成24年 3月 滋賀県産業廃棄物収集運搬許可取得
 滋賀県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成24年 8月 神戸営業所開設

平成25年 1月 富山県産業廃棄物収集運搬許可取得
 富山県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成25年 2月 計量証明事業(質量)登録

平成25年 6月 三重県産業廃棄物収集運搬許可取得
 三重県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成25年 7月 毒物劇物一般販売業登録

平成26年 5月 長野県産業廃棄物収集運搬許可取得
 長野県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成28年 9月 徳島県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成29年11月 ISO14001:2015(JIS Q 14001:2015)
       1年次定期サーベイランス審査(移行)合格

平成30年3月  愛知県産業廃棄物収集運搬許可取得
       愛知県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成31年1月 広島県産業廃棄物収集運搬許可取得
       広島県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

平成31年3月 岐阜県産業廃棄物収集運搬許可取得
       岐阜県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

令和3年10月 静岡県産業廃棄物収集運搬許可取得
       静岡県特別管理産業廃棄物収集運搬許可取得

令和5年3月 福井県産業廃棄物収集運搬業許可取得
      福井県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得

令和5年9月 北伊丹事業所閉鎖


    令和5年10月1日現在

許可の内容
事業計画の概要
【事業の全体計画】
事業計画の概要

産業廃棄物収集運搬業(積替え・保管を含む)
特別管理産業廃棄物収集運搬業(積替え・保管を含む)
産業廃棄物中間処理業
一般貨物運送業
建築業

1.事業の全体計画
みんながよくなるために:地球、その大地、空、海、河川を我々一
人一人が慈しみ、大切にし、素晴らしい世界を永久に持続していく
ために、興隆産業株式会社は循環型社会を目指し、リサイクルのお
手伝いをしております。具体的には、

・産業廃棄物の廃プラ、紙くず、木くず、繊維くず、燃え殻、ばい
じん、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、金属くず、ガラスくず・コ
ンクリートくず及び陶磁器くず、鉱さい、がれき類(以上、水銀仕
様製品産業廃棄物、水銀含有ばいじん等を含む)を許可取得地域企
業より収集し、自社中間処理施設に運搬し、また、自社で積替え保
管・直接運搬し他の中間処理・最終処理会社に運搬し処理していま
す。
・特別管理産業廃棄物の汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃水銀等
を自社で積替え保管の後、他の中間処理・最終処理会社に運搬し、
また、感染性産業廃棄物、廃石綿等、廃PCB等、PCB汚染物は
直接他の中間処理・最終処分会社に運搬し処理しています。
・産業廃棄物中間処理業では、汚泥、廃プラスチック類、木くず、
金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くずを破砕、
圧縮、溶融処理を行いリサイクルを行っています。
・興隆産業株式会社では、収集・運搬業者が青ナンバーを取得する
ことは運送の信頼性、安全性をより向上させる上で必要であると考
え、厳しい青ナンバー許可要件をクリアし、「一般貨物自動車運送
事業の許可」を取得しています。また、コンプライアンスを基本と
して、お客様に安心して運送を委託していただける環境作りに日々
努力しています。
・建築業では、土木工事業,建築工事業,大工工事業,左官工事業
,とび・土工工事業,石工事業,屋根工事業,管工事業,タイル・
れんが・ブロック工事業,鋼造物工事業,舗装工事業,しゆんせつ
工事業,板金工事業,ガラス工事業,塗装工事業,防水工事業,内
装仕上工事業,熱絶縁工事業,造園工事業,建具工事業,水道施設
工事業,解体工事業の許可を取り事業を行っています。

                    令和5年3月1日現在

  
【処理計画量】
1.(特別管)産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物(石綿含有産業廃棄物を含む。水銀使用製品産業廃棄物
 及び水銀含有ばいじん等を含む)
  種類     性状     取扱量(単位:Kg/月)
 ・廃プラ   (固形)     90,000
 ・紙くず   (固形)         20
 ・木くず   (固形)     30,000
 ・繊維くず  (固形)        100
 ・燃え殻   (固形)        100
 ・ばいじん  (固形)        100
 ・汚泥 (半固形、スラリー状)900,000
 ・廃油    (液状)     20,000
 ・廃酸    (液状)        500
 ・廃アルカリ(液状、固形)    2,000
 ・金属くず  (固形)     80,000
 ・ガラスくず、コンクリートくず及び
  陶磁器くず (固形)      1,000
 ・鉱さい   (固形)        500
 ・工作物の新築、改築又は除去に
  伴って生じた
  コンクリートの
  破片その他これに
  類する不用物 (固形)       200
 特別管理産業廃棄物
 ・廃石綿   (固形)         100
 ・汚泥  (半固形、スラリー状)  2,000
 ・廃油     (液状)      2,000
 ・廃酸     (液状)      2,000
 ・廃アルカリ (液状、固形)    5,000
・廃水銀等  (液状、固形)       10
 ・感染性産業廃棄物(固形)       100
 ・廃PCB(液状)         5,000
 ・PCB汚染物(固形)      10,000

2.産業廃棄物処分業
 (1)産業廃棄物の種類ごとの処分量
   種類     性状     処分量(単位:Kg/月)
  ・廃プラ   (固形)    5,000
  ・金属くず  (固形)   30,000
  ・ガラスくず (固形)    1,000
  ・汚泥    (固形)    1,000
  ・木くず   (固形)    1,000

                    令和5年3月1日現在
    
【具体的な計画】
(特別管理)産業廃棄物収集運搬業の廃棄物について:
主に兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、岡山県
、 山口県、鳥取県、徳島県、香川県、愛媛県、広島県、愛知県、
岐阜県等、24行政地区の化学工場、各種学校・教育委員会、各種
病院、製薬会社、食品会 社、環境分析センター、ガス・電力会社
、石油会社 等約1000社から受け⼊れ、他社(兵庫県、鳥取県、山
口県、北海道)の中間処理施設に運搬する。

処分業の汚泥、廃プラスチック類、木くず、金属くず、ガラスくず
・コンクリートくず及び陶磁器くずについて:
主に兵庫県や大阪府、岡山県、三重県の電気機械器具製造業等の排
出事業者から受け⼊れ、⾃社(兵庫県)施設において破砕、圧縮、
溶融処理を⾏う。また、処理後物は、原材料として再資源化業者に
売却、⼜は、最終処分施設(他社、兵庫県、山口県、北海道)に搬
⼊する。

                     令和5年3月31日現在
【環境保全措置の概要】
1.(特別管理)産業廃棄物収集運搬業
液状、泥状物は、ドラム缶、ポリ缶等流出の恐れが無い容器・容器
で運搬する。運搬容器は、腐食性廃酸又は廃アルカリ等を運搬する
ときは、耐性を考慮した材質のものとする。
固形物は、トラックで運搬する。この時は飛散防止で荷台にシート
をかける。
ドラム缶、ポリ缶等の容器に入った廃棄物は、トラックで運搬する
が、運搬時には容器が動かないようにロープ等で固定する。
2.産業廃棄物処分業
(1)粉塵の飛散防止の措置:設備は屋内に配置し、構造も粉塵が
発生しないように、カバー及び集塵機を設置し対応している。
(2)騒音・振動防止の措置:建屋内にての設置とし、床面はコン
クリート(厚み200mm)造りで、振動・防音に配慮している。
(3)有害物質の飛散、流出、地下浸透に対する措置:有害物質は
取り扱わない。
(4)悪臭の漏出、害虫発生防止措置:建屋内での作業であり、悪
臭・害虫が発生する施設ではない。
(5)排水、廃ガスに対する措置:排水、排ガスの発生はない。

                     令和5年3月1日現在
【その他】

業許可証の写し詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(収集運搬業者)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(文字表記)
1.運搬施設の種類、数量
車輌の形式    最大積載量 積載可能寸法(W×D×H)(mm)
・キャブバッククレーン車
           11.1t 2400×8740× -
・キャブオーバ    7.2t 2200×5600× -
 (後部ゲート付)
・キャブオーバ    3.75t 2140×5200× -
 (後部ゲート付)
・キャブオーバ    2.0t  1600×3050× -
・キャブオーバ    2.0t  1600×3100× -
・キャブオーバ    0.35t  1400×1930× -
・脱着式コンテナ車  11.3t 2230×5930×1660
・脱着式コンテナ車  7.7t 1890×3500×1200
・脱着式コンテナ車  3.5t 1890×3500×1200
・脱着式コンテナ車  3.85t  1890×3500×1200
・バン(ウイング車) 3.5t 2100×3780×2030
・バン        2.75t 2200×5730×2300
 (ウイング・ゲート付車)
・バン(ウイング車) 3.0t 2150×6200×2300
・バン(ウイング車) 12.9t  2400×9500×2650
・バン        1.0t 1545×3000×1335
・バン        0.35t 1200×1500×1150
・バン        0.35t 1200×1500×1150
・バン        1.25t  1100×2300×1250
・塵芥車       2.0t
・ステーションワゴン 0.1t  940×800×920


2.低公害車の導入状況
 下段に詳細を添付しています。

                 令和5年3月1日現在
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(画像添付)詳細(クリックで表示)
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(文字表記)
積替又は保管を行う所在地、
廃棄物の種類、面積および最大保管量

廃棄物の種類:
 <産業廃棄物(1)> 
   汚泥、廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリ
   ートくず及び陶磁器くず
                        以上 4種類
 所在地:神戸市兵庫区遠矢浜町18-5、18-7、18-8、18-9
 保管上限:263.2立米  積替保管面積:121.4平米

 <産業廃棄物(2)>
   燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、金属くず、ガラス
   くず・コンクリートくず及び陶磁器くず、ばいじん
                        以上 8種類
 所在地:神戸市兵庫区遠矢浜町17-6
 保管上限:16.7立米  積替保管面積:51.05平米


 <特別管理産業廃棄物>
   汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃水銀等   
            以上 5種類、有害産業廃棄物を含む。
 所在地:神戸市兵庫区遠矢浜町17-6
 保管上限:3.6立米  積替保管面積:17.1平米

設備の概要  :倉庫
環境保全対策 :屋内保管

                     令和5年3月1日現在
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(文字表記)
下段に詳細を添付しています。

                   令和5年3月1日現在
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(画像添付)詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(処分業者)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記)
事業場の処理工程図の詳細をご確認下さい。

処理施設の設置許可は、処理能力が5t/日未満の為、当社は該当
いたしません。

                   令和5年3月1日現在
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付)詳細(クリックで表示)
処理施設の設置許可証の写し 
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図詳細(クリックで表示)
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記)
事業場の処理工程図の詳細をご確認ください。

                  令和5年3月1日現在
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付)詳細(クリックで表示)
二次委託先の個社名の公表開示の可否開示可
二次委託先の個社名の公表開示の状況未開示
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(文字表記)
下段に詳細を添付しています。
  
                 令和5年3月1日現在
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(文字表記)
当社は該当いたしません。

                令和5年3月1日現在
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(画像添付) 
直前3年間の熱回収量等 

財務諸表
前年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々々年財務諸表詳細(クリックで表示)

料金
料金の提示方法
・見積書による
料金表、料金算定式(文字表記)
・処理料金につきましては、種類・量・処理の難易度等により
 見積り致します。
・収集運搬料金につきましては、種類・量・距離により
 見積り致します。

尚、お問合せは下記までお願いします。
 神戸営業所 078-652-3811
無料にてお見積いたします。

                   令和5年3月1日現在
料金表、料金算定式(画像添付) 

社内組織体制
社内組織図詳細(クリックで表示)
人員配置
詳しくは、社内組織図をご確認ください。

              令和5年10月1日現在

事業場の公開
事業場の公開の有無、頻度
当社は信頼性の高い施設運営を目指し、中間処理施設を一般公開し
ています。施設は何時でも見学することが出来ます。

自由記載(任意)
その他特記事項
当社では、廃棄物収集運搬業・中間処理業以外にも、工事関係も取
り扱っております。また、工事で排出される廃棄物の適正処理はも
ちろんのこと、有害物質付着装置の解体工事や長年廃棄物管理で培
った知識を元に廃棄物置き場の建設や改築等も取り扱っております

1.建設工事
2.アスベスト撤去工事
3.クリーンルーム関連工事
4.各種メンテナンス工事

                 令和5年3月1日現在
自社ホームページURL
表示(クリックで表示)
閉じる