■優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項

氏名または名称 広陽サービス株式会社 
業者番号 008897 

会社情報
住所(法人の場合は事務所・事業場の所在地)〒135-0053 東京都江東区辰巳三丁目7番地8号
代表者氏名(法人の場合)代表取締役 尾崎泰裕(2022年6月1日現在)
役員等の氏名、就任年月日(法人の場合)
代表取締役 尾崎 泰裕    (平成30年12月19日重任)
専務取締役 古和田 郁生 (平成30年12月19日重任)
常務取締役 本田 勇   (平成30年12月19日重任)

(2022年6月1日現在)
設立年月日(法人の場合)昭和40年11月22日
資本金・出資金の額(法人の場合)
資本金1,200万円
事業の内容
1957年11月 一般廃棄物収集運搬業を専門とする会社として創業
1965年11月 会社設立 東京都千代田区紀尾井町に本社
1972年 7月 東京都廃棄物処理業の許可取得
1978年 7月 制度改正により、一般廃棄物収集運搬業の許可取得
12月 本社を千代田区紀尾井町から千代田区平河町に移転
1985年 7月 江東区潮見に古紙リサイクル工場開設
7月 再生資源取り扱い業の許可取得
1992年 1月 東京都産業廃棄物収集運搬業の許可取得
1996年11月 江東区潮見から江東区辰巳に古紙リサイクル工場移転
11月 東京支店、辰巳リサイクルセンター開設
1997年 2月 埼玉県 収集運搬業許可取得
1999年 4月 請求処理システムを再構築
2000年 8月 本社を千代田区平河町から千代田区丸ノ内に移転
2001年 4月 栃木県 収集運搬業許可取得
2001年 5月 千葉県 収集運搬業許可取得
2002年 6月 ISO:14001取得
2003年 1月 東京都産業廃棄物中間処理業の許可取得
1月 江東区東雲に東雲第1,2リサイクルセンター開設
3月 東京都エコトライ協定に調印
2004年 5月 辰巳リサイクルセンター 東京都再生事業者に登録
5月 東雲リサイクルセンター 東京都再生事業者に登録
2006年 7月 本社を千代田区丸ノ内から千代田区麹町に移転
3月 江東区東雲に東雲第3リサイクルセンター増設
2007年11月 江東区東雲に東雲第4リサイクルセンター増設
2009年 2月 東京都優良性評価制度により産業廃棄物収集運搬業、
産業廃棄物処分業で「産廃プロフェッショナル」に
認定
2009年 2月 群馬県 収集運搬業許可取得
2月 茨城県 収集運搬業許可取得
2月 神奈川県 収集運搬業許可取得
2010年12月 東京都優良性評価制度により産業廃棄物収集運搬業、
      産業廃棄物処分業で「産廃エキスパート」に認定
2014年 3月 東京都特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可取得
2014年 8月 埼玉県特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可取得
2014年 8月 千葉県特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可取得
2014年 8月 神奈川県特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可取得
2018年10月 ISO:14001 2015年版へ移行
      本社業務移転:千代田区四番町から江東区辰巳へ
2019年 2月 江東区新木場に新木場リサイクルセンター増設

2021年 9月 新木場リサイクルセンターにて
      産業廃棄物処理施設設置許可取得(産施第360号)
      一般廃棄物処理施設設置許可取得(一施第67号)

許可の内容
事業計画の概要
【事業の全体計画】
○事業の全体計画
弊社は、企業から委託される廃棄物及びリサイクル物の収集運搬業
務を事業としている。「モノ」を循環させる企業として、経済活動
と環境保全の調和を目指し、環境保全への積極的な対応を経営上の
重要課題に位置づけ、その達成に向けて行動する。

○産業廃棄物の収集運搬量
            計画数量(単位:トン)
   汚泥        2
   廃プラスチック類 951
   木くず 42
   動植物性残さ 1
   金属くず 122
   ガラス・コンクリート・陶磁器くず 57


○産業廃棄物の処分量
             計画数量(単位:トン)
   廃プラスチック類 820
   木くず 8
   金属くず 126
   ガラス・コンクリート・陶磁器くず 1191

            計画数量(単位:トン)
混合廃棄物※ 184
廃プラスチック類 243
木くず 20
金属くず 128
ガラス・コンクリート・陶磁器くず 23

○収集運搬業務計画
弊社のゴミ回収施設は、都心の商業地域にほど近い場所に位置して
います。そのため、移動距離の短い効率的な回収を実現。さらに定
期的な回収のみならず、臨時の回収依頼にも迅速に対応できます。
様々なビルに適した車両体制と、回収スタッフ自らが営業マンとい
う高い意識で、さまざまな要望に応えていきます。

○処分業務計画
弊社は、都市部近郊に5カ所のリサイクルセンターを備えています
。辰巳リサイクルセンターは、古紙のリサイクルをメインとした施
設であり、東雲リサイクルセンター・新木場リサイクルセンターは
産業廃棄物の中間処分業許可を取得し、効率的で安定したリサイク
ルシステムで、お客様のゴミ問題に対応いたします。

○環境保全措置
・積込み、運搬、荷降ろしの際は、シート掛け等飛散流出を防止す
る。
・運搬車両は低公害車を使用する。
・処分場の悪臭対策として、選別前・選別後の積替え保管場所を重
点的に“床面洗浄作業(毎日)”を作業工程に組み込みます。また
床面清掃のみならず、機械廻りの清掃ならびに敷地全体を清掃する
こととし、悪臭防止に努めます。併せて定期的に消毒消臭(液剤)
作業等も実施致します。
・処分場の振動対策として、機械設備は、コンクリート基礎上設置
し、防振ゴム等で振動を防止致します。
・処分場の騒音対策として、工場内、特に選別ラインの騒音に関し
ては吸音材等を使用した壁面に処置を施します。主要個所には防音
処置を施します。
・処分場の粉じん対策とし、保管場所等は定期的に散水するなどの
飛散防止に努めます。
・処分場の地下浸透対策として、選別後の保管場所廻りは特に地下
浸透を防止する為、防水処置を施したコンクリート床面にし、充分
配慮します
【処理計画量】

【具体的な計画】

【環境保全措置の概要】

【その他】

業許可証の写し詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(収集運搬業者)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(文字表記)
■産業廃棄物収集運搬車両一覧
 
車種        最大積載量         台数
キャブオーバー  約  800kg      4台
キャブオーバー  約2,000kg      5台
キャブオーバー  約3,000kg      7台
キャブオーバー  約4,000kg      1台
コンテナ専用車  約4,000kg      4台
塵芥車           約2,000kg      23台
塵芥車       約3,000kg       2台
バン       約3,000kg        1台
冷蔵冷凍車    約2,000kg        2台
全保有台数                49台

■特別管理産業廃棄物収集運搬車両一覧
 車種      最大積載量        台数
 冷蔵冷凍車    2,000kg     2台
 全保有台数                2台
 
■産業廃棄物収集運搬業の用に供する運搬車に係る低公害車導入状
況 
 全保有台数 計49台(100%)

 1.低排出ガス車導入状況
 排ガス規制年  低排出ガス
          認定車
 平成17年規制    11台( 22.5%)
 平成20年規制     1台( 2.0%)
 平成22年規制    26台( 53.1%)
 平成28年規制    11台( 22.4%)
          計49台(100.0%)

 2.低燃費車の導入状況
   燃費低減レベル     台数(割合)
  平成27年度燃費達成車      42(85.7%)     

■施設利用重機()内 低公害車
 車種 フォークリフト  7台
ベールクランプ  4台
    ショベルカー   2台
計13台
    LPG使用車   (10台)
※LPG使用車を低公害車とする
(2022年06月01日現在)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(画像添付) 
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(文字表記)
施設名称:東雲リサイクルセンター 積替え保管場所
設置場所:東京都江東区東雲二丁目10番21号
積替え保管面積:630平方メートル
最大保管高さ:2.5m

品目:燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、金属くず(廃トナーカー
トリッジに限る)
保管方法:メッシュパレット1個
保管量:0.18m3

品目:汚泥、廃プラスチック類、金属くず(廃消火器に限る)
保管方法:メッシュパレット1個
保管量:0.33m3

品目:汚泥、金属くず
(廃乾電池(水銀使用製品産業廃棄物を除く)に限る)
保管方法:一斗缶4個
保管量:0.08m3

品目:汚泥、金属くず
    (廃水銀電池、廃空気亜鉛電池(水銀使用製品産業廃棄物
)に限る)
保管方法:一斗缶1個
保管量:0.02m3

品目:廃油
保管方法:一斗缶16個
保管量:0.12m3

品目:廃プラスチック類、金属くず、ガラス・コンクリート・陶磁
器くず
    (廃蛍光ランプ、廃HIDランプ、廃放電ランプ(水銀使用
製品産業廃棄物)に限る)
保管方法:ドラム缶4個
保管量:1.08m3

品目:廃プラスチック類、金属くず、ガラス・コンクリート・陶磁
器くず
保管方法:直置き
保管量:17.0m3

(2022年3月14日現在)
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(画像添付) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(文字表記)
下記実績表をご参照ください。

2022年4月30日現在
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(画像添付)詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(処分業者)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記)
施設名称:東雲リサイクルセンター
施設の種類:破砕・圧縮処理施設(中間処理)
品目:廃プラスチック類、木くず、金属くず、ガラス・コンクリー
ト・陶磁器くず
設置場所:東京都江東区東雲二丁目10番21,23,25号
設置年月日:平成15年1月20日

【破砕】
廃棄物の種類:廃プラスチック類
設置年月日:平成31年1月31日
処理能力:4.40t/日

【破砕】
廃棄物の種類:木くず
設置年月日:平成31年1月31日
処理能力:4.84t/日

【破砕】
廃棄物の種類:ガラス・コンクリート・陶磁器くず
設置年月日:平成31年1月31日
処理能力:5.00t/日

【破砕】
廃棄物の種類:混合処理能力(廃プラスチック類、木くず、金属く
ず、ガラス・コンクリート・陶磁器くず)
設置年月日:平成31年1月31日
処理能力:4.62t/日


【破砕】
廃棄物の種類:廃プラスチック類
設置年月日:平成23年4月27日
処理能力:0.33t/日

【破砕】
廃棄物の種類:金属くず
設置年月日:平成23年4月27日
処理能力:1.05t/日

【破砕】
廃棄物の種類:ガラス・コンクリート・陶磁器くず
設置年月日:平成23年4月27日
処理能力:2.41t/日
 
【破砕】
廃棄物の種類:廃プラスチック類、金属くず、ガラス・コンクリー
ト・陶磁器くず(廃蛍光ランプ(水銀使用製品産業廃棄物)に限る
。)
設置年月日:平成31年1月31日
処理能力:14,400本/日

【圧縮・梱包】
廃棄物の種類:廃プラスチック類
設置年月日:平成26年9月4日
処理能力:8.47t/日

【圧縮・梱包】
廃棄物の種類:廃プラスチック類
設置年月日:平成26年9月4日
処理能力:5.57t/日

【圧縮】
廃棄物の種類:廃プラスチック類
設置年月日:平成30年10月27日
処理能力:39.2t/日

【圧縮】
廃棄物の種類:金属くず
設置年月日:平成30年10月27日
処理能力:59.5t/日

【圧縮】
廃棄物の種類:金属くず(空き缶(スチール)に限る)
設置年月日:平成15年6月23日
処理能力:6.33t/日

【圧縮】
廃棄物の種類:金属くず(空き缶(アルミ)に限る)
設置年月日:平成23年3月11日
処理能力:2.84t/日

【圧縮】
廃棄物の種類:金属くず
設置年月日:平成23年9月27日
処理能力:59.2t/日

【溶融】
廃棄物の種類:廃プラスチック類(発泡スチロールに限る)
設置年月日:平成15年1月20日
処理能力:0.32t/日

-------------------------------------
施設名称:新木場リサイクルセンター
施設の種類:破砕・圧縮処理施設(中間処理)
品目:廃プラスチック類、木くず、金属くず、ガラス・コンクリー
ト・陶磁器くず

【破砕】
廃棄物の種類:廃プラスチック類
設置年月日:平成30年12月14日
処理能力:14.4t/日

【破砕】
廃棄物の種類:木くず
設置年月日:平成30年12月14日
処理能力:11.0t/日

【破砕】
廃棄物の種類:ガラス・コンクリート・陶磁器くず
設置年月日:平成30年12月14日
処理能力:26.3t/日
 
【破砕】
廃棄物の種類:(混合)廃プラスチック類、木くず、金属くず、ガ
ラス・コンクリート・陶磁器くず
設置年月日:平成30年12月14日
施設設置許可番号:産施360号
施設許可年月日:令和3年9月24日
処理能力:14.3t/日

【圧縮・梱包】
廃棄物の種類:廃プラスチック類
設置年月日:平成30年12月6日
処理能力:48.24t/日

【圧縮・梱包】
廃棄物の種類:廃プラスチック類(ペットボトルに限る。)
設置年月日:平成30年12月11日
処理能力:12.84t/日

【圧縮】
廃棄物の種類:金属くず(スチール缶)
設置年月日:平成30年12月11日
処理能力:11.52t/日

【圧縮】
廃棄物の種類:金属くず(アルミ缶)
設置年月日:平成30年12月12日
処理能力:7.39t/日

【破砕】
廃棄物の種類:廃プラスチック類、金属くず、ガラス・コンクリー
ト・陶磁器くず(廃蛍光ランプ(水銀使用製品産業廃棄物)に限る
。)
設置年月日:平成30年12月14日
処理能力:43,200本/日

環境保全対策:
 ・シャッターと防音壁により騒音を低減します。
 ・粉塵の防止のため、散水を行います。
 ・悪臭防止のため、グリストラップは毎月2回、汚泥処理業者に
よる汚泥回収を行います。
------------------------------------------------------------

(2021年11月17日現在)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付) 
処理施設の設置許可証の写し詳細(クリックで表示)
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図詳細(クリックで表示)
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記)
下記実績表をご参照ください。

2022年4月30日更新
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付)詳細(クリックで表示)
二次委託先の個社名の公表開示の可否開示可
二次委託先の個社名の公表開示の状況開示済み(Web)
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(文字表記)
下記実績表をご参照ください。

2022年4月30日更新
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(文字表記)
該当しません。


2022年4月30日現在
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(画像添付) 
直前3年間の熱回収量等 

財務諸表
前年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々々年財務諸表詳細(クリックで表示)

料金
料金の提示方法
実物を確認した後、見積書作成致します。
料金表、料金算定式(文字表記)
下記の番号にお電話下さい。

無料でお見積り致します。

電話:03-5569-7117
料金表、料金算定式(画像添付) 

社内組織体制
社内組織図詳細(クリックで表示)
人員配置
・総務部 9名(4名)
 各伝票等の管理
 経理業務
 庶務全般
 
・営業部 30名(1名)
 新規顧客の開拓
 既存顧客の管理
 契約書、見積書の作成
 営業資料の作成とプレゼンテーション
 各種許可の申請
 電話応対、受注業務
 請求管理
 現場常駐作業
 
・業務部 49名
 収集運搬業務
 車両の点検、管理
 配車の手配、管理
 
・RC事業部 30名(17名)
 中間処分業務
 工場で使用する重機の点検・管理
 プラント機械の点検・管理
 二次処分先への運搬業務

※括弧内はパート、アルバイトの人数

・一般廃棄物処理 講習修了者(特別区) :1名
・産業廃棄物処理 講習修了者(収集運搬):1名
・産業廃棄物処理 講習修了者(処分)  :1名

・破砕・リサイクル施設技術管理士:2名
・ごみ処理施設技術管理士:2名

(2022年5月1日現在)

事業場の公開
事業場の公開の有無、頻度
施設見学を希望されるお客様には、その都度公開しております。見
学ご希望の際のお問い合わせは 電話:03-5569-7117 までお願い
致します。

自由記載(任意)
その他特記事項
2002年 環境マネジメントシステムISO:14001取得
2004年 東雲リサイクルセンターを東京都 廃棄物再生事業者に登
    録する
2009年 東京都優良性評価制度により産業廃棄物収集運搬業、産業
    廃棄物処分業で「産廃プロフェッショナル」に認定
2010年 東京都優良性評価制度により産業廃棄物収集運搬業、産業
    廃棄物処分業で「産廃エキスパート」に認定
自社ホームページURL
表示(クリックで表示)
閉じる