■優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項

氏名または名称 ホクザイ運輸株式会社 
業者番号 046842 

会社情報
住所(法人の場合は事務所・事業場の所在地)〒803-0801 福岡県北九州市小倉北区西港町72番地の30
代表者氏名(法人の場合)河本一成
役員等の氏名、就任年月日(法人の場合)
代表取締役  河本一成(平成27年 2月18日) 重任(平成9年3月就任)
  取締役 河本真美(平成29年 2月 1日) 就任
監査役 福永明子(平成24年12月25日)就任

 ( 令和3年7月31日 現在 )
設立年月日(法人の場合)昭和44年11月22日
資本金・出資金の額(法人の場合)
昭和44年11月22日登記
資本金   400万円

昭和51年10月5日登記
資本金   800万円

平成3年8月30日登記
資本金 1,000万円

平成20年4月23日登記 
資本金 2,000万円
事業の内容
昭和42年4月 
創立
昭和44年11月22日
 北材運輸(株)を設立。本社福岡県北九州市
昭和56年8月
  (有)まるなか運輸と合併。社名をホクザイ運輸(株)に改称。
平成7年10月  
  チップ製造業として、知事登録。
  リサイクル事業部・木材部を新設、運営開始。
平成9年4月
  北九州市において産業廃棄物処分業の許可取得
  北九州市において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
  北九州市において一般廃棄物処分業の許可取得
  北九州市において一般廃棄物収集運搬業の許可取得
平成11年1月
  福岡県において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
  大分県において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
  山口県において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
平成11年2月
  佐賀県において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
平成11年6月
  福岡県において産業廃棄物処分業の許可取得
平成11年8月  
  山口県において産業廃棄物処分業の許可取得
  熊本県において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
  大分市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成11年9月
  熊本県において産業廃棄物処分業の許可取得  
  長崎県において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
  佐賀県において産業廃棄物処分業の許可取得
平成11年10月
  長崎県において産業廃棄物処分業の許可取得
  大牟田市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成11年12月
  長崎市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成12年5月
  福岡市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成12年6月
  宮崎市において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
  宮崎県において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
  鹿児島県において産業廃棄物収集運搬業の許可取得
  鹿児島県において産業廃棄物処分業の許可取得
  佐世保市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成12年7月
  宮崎市において産業廃棄物処分業の許可取得
鹿児島市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成12年8月
  宮崎県において産業廃棄物処分業の許可取得
平成13年1月
  一般建設業(土木工事業)許可取得
平成13年9月
  一般建設業(造園工事業)許可取得
平成15年8月
  下関市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成16年9月
  大分県において産業廃棄物処分業の許可取得
平成17年11月
  熊本市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成18年3月
  ISO14001 認証登録
平成18年9月
  電子マニフェストシステム(通称 JWNET)加入
  処分業者
平成18年11月
  電子マニフェストシステム(通称 JWNET)加入
  収集運搬業者
平成21年3月
  ISO14001 更新登録
平成21年6月
  久留米市において産業廃棄物処分業の許可取得
平成21年12月
  産業廃棄物収集運搬業(北九州市)積替保管許可取得
  (金属くず ガラスくず 紙くず 木くず 繊維くず)
平成22年2月
  電子マニフェストシステム(通称 e-reverse)加入
  処分業者・収集運搬業者
平成24年3月
  ISO14001 更新登録
平成27年3月
  ISO14001 更新登録
平成29年5月
  北九州市産業廃棄物処分業
  産業廃棄物の種類 破砕 繊維くず追加
平成29年10月
  福岡市産業廃棄物処分業
  水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等を除く
平成30年3月
  ISO14001 更新登録
2021年3月
  ISO14001 更新登録~有効期限2024年3月26日
2021年5月
  大牟田市は政令市指定の解除に付き大牟田市の処分業許可は
  福岡県知事の許可で事業を継続する。

許可の内容
事業計画の概要
【事業の全体計画】
【基 本 理 念】
ホクザイ運輸株式会社は、剪定枝・廃木材の収集運搬、破砕、木質
チップ化及び運輸事業において、限りある森林資源を地球の未来の
為に大切にし、地球環境保全が最重要課題であるという社会的責任
を自覚し、「ゴミ」から「資源」へ を合言葉に、地球環境の保全
に配慮し、行動致します。
【環 境 方 針】
1.当社の事業活動・製品及びサービスに於いてISO14001の要求事
項に基づく環境マネジメントシステムを確立・運用して、環境マネ
ジメントシステムの継続的改善に努めます。
2.当社に関わる法令・条例及び当社が同意するその他の要求事項
を順守します。
3.事業活動・製品及びサービスに伴う環境保護を常に認識し、環
境汚染の予防に努めます。
4.次の環境目的・目標を制定し、定期的に見直します。
a.木材チップの拡販に努めます。
b.効率的な収集運搬を推進し、環境負荷の低減及び省エネルギー
、省資源に努めます。
c.地域社会とのコミュニケーションを通して、地域のより良い環
境づくりに努めます。
5.この環境方針は文書化して全社員及び当社の為に働く全ての人
に周知します。
6.この環境方針は、一般の人が入手可能にします。
制定:2005年 7月 9日
改訂:2020年 1月11日




【処理計画量】
複数のリサイクル売却先を確保し、継続した取引をしていただける
ように品質の向上を目指します。廃棄物(木くず)の滞留を防ぎ、
地域とともにリサイクルの輪を確立します。
年間取扱計画量(木くず)は北九州市より819.8t/日を許可し
ていただいてますので、増量は十分に可能です。




【具体的な計画】
移動式破砕機や重機・大型特殊ダンプ等を臨機応変に福岡県内・九
州全県(沖縄県除く)及び山口県の現場(土地造成、道路拡幅、太
陽光発電所等)へ派遣し、伐採から破砕・積込・収運・処分まで担
い業務の効率化を図ります。
【環境保全措置の概要】
環境影響評価
 収集運搬業 
  車両使用時・廃オイル・廃グリス・廃タイヤ・廃部品
       ・軽油漏れ・オイル漏れ
  車両走行時・積荷の落下・積荷の飛散
  積込・積降・乗務員の落下
 処分業
  機械使用時・廃ウエス・廃オイル・廃グリス・廃タイヤ・廃部

  破砕機稼働・騒音・振動・粉塵・散水・排水

上記の項目を含め作業手順書を作成し講習と対応訓練をおこなう。




  
【その他】

業許可証の写し詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(収集運搬業者)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(文字表記)
☆収集運搬許可車両
*大型ダンプ車 13台最大積載量 7.80t~12.30t(38m3~47m3)

(積載可能寸法 単位;m)
北九州 100か 3867 9.60t 北九州 100か 7014 8.90t
L 7.50 W 2.25 H 2.29  L 7.60 W 2.24 H 2.35
 
北九州 100か 4589 9.20t 北九州 100か 6740 8.80t
 L 7.60 W 2.25 H 2.35 L 7.60 W 2.24 H 2.35 

北九州 100か 4588 10.90t (スライド)
 L 9.50 W 2.31 H 2.15

北九州 100か 8811 10.80t 北九州 100か 9541 10.30t
 L 8.70 W 2.24 H 2.09 L 8.80 W 2.30 H 2.10

北九州 130あ 9542 10.10t 北九州 130あ 9543 10.30t
L 8.80 W 2.30 H 2.10 L 8.80 W 2.30 H 2.10

北九州 130あ 9544 10.10t 北九州 130あ 9545 10.70t
L 7.80 W 2.30 H 2.33 L 8.80 W 2.30 H 2.10

 北九州 130あ 9546 10.70t 北九州 130あ 9548 10.70t
L 8.80 W 2.30 H 2.10 L 8.80 W 2.30 H 2.10


*小型ダンプ車 3台最大積載量 2.40t~3.25t(17m3~20m3)

(積載可能寸法 単位;m)
北九州 100あ 3258 2.65t 北九州 130あ 3259 2.40t
 L 4.50 W 2.01 H 1.90 L 4.48 W 2.00 H 1.98 
 
北九州 130あ 3257 2.40t
 L 4.71 W 2.02 H 2.12

*大型平ボデー車 3台最大積載量 13.90t~14.00t

(車両寸法 単位;m)
北九州 100か 4121 14.00t 
 L 11.99 W 2.49 H 3.31

北九州 130あ 4122 13.90t 
 L 11.99 W 2.49 H 3.06

 北九州 130あ 4123 13.90t 
L 11.99 W 2.49 H 3.06


*大型平ボデー車(クレーン付)2台 
(車両寸法 単位;m) 
 北九州 130あ 9540  9.70t
L 9.80 W 2.49 H 3.75 

 北九州 130い 9540  10.30t
L 11.94 W 2.49 H 3.78 

*小型平ボデー車(クレーン付)3台最大積載量 2.45t~6.50t
(車両寸法 単位;m)
北九州 11く  153 6.50t
 L 8.78 W 2.28 H 2.96 

北九州 100あ 5627 3.20t
 L 6.83 W 2.13 H 2.69 
 
北九州 130あ 5628 2.45t
L 7.54 W 2.24 H 2.97

*アームロール車 2台最大積載量 3.75t~3.85t

北九州 100あ 3926 3.75t
 北九州 100あ 6451 3.85t

 積載可能寸法(単位;m)
 L 3.60 W 1.91 H 1.90 L 3.60 W 1.91 H 1.20

*ウィング車 2台最大積載量 13.80t
(車両寸法 単位;m)  
北九州 100か 9964 13.80t 北九州 130あ 9965 13.80t
 L 11.98 W 2.49 H 3.79 L 11.99 W 2.49 H 3.78 

☆低公害車の導入状況(全保有台数28台)

※低排出ガス車の導入状況
2021年7月   2021年3月
平成17年以前の規制適合車 7台 25.0%  7台 25.9%  
  
平成17年規制適合車       2台  7.1%  2台 7.4%

平成17年基準PM10%              
低減重量車☆

平成17年基準Nox 2台 7.1% 2台 7.4%
・PM10%低減重量車★

平成21年排出ガス規制・Nox10% 9台 32.1% 8台 29.6%
・PM10%低減レベル達成車

平成22年基準排出ガス 4台 14.3%  4台 14.8%
PM10%低減レベル

平成28年排出ガス規制適合車 4台 14.3%  4台 14.8%


計  28台 100.0% 27台 100.0%


平成17年規制適合車及びそれよりも排ガス排出量の低い自動車
21台 75.0% 20台 74.1%

※低燃費車の導入状況

平成27年度燃費基準未達車 11台 39.3% 11台 40.7%

平成27年度燃費基準達成車 17台 60.7% 16台 59.3%
及びそれよりも低燃費の自動車
計  28台 100.0% 27台 100.0%


( 令和3年7月31日現在 )
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(画像添付) 
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(文字表記)
許可番号    設置年月日
施設住所
面積・保管上限・積上高さ 積替保管場所面積等
------------------------------------------------------------
07610046842 平成21年12月28日
住所:福岡県北九州市小倉北区西港町72番地の33
面積:15.9平方メートル
種類:金属くず・ガラスくず・紙くず・木くず・繊維くず
保管上限9.41立方メートル
積上高さ1.0メートル

(令和3年5月31日 現在)
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(画像添付) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(文字表記)
添付資料をご参照ください。
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(画像添付)詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(処分業者)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記) 
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付)詳細(クリックで表示)
処理施設の設置許可証の写し詳細(クリックで表示)
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図詳細(クリックで表示)
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記) 
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付)詳細(クリックで表示)
二次委託先の個社名の公表開示の可否開示不可
二次委託先の個社名の公表開示の状況未開示
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(文字表記)
添付資料をご参照ください。
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(文字表記)
該当施設はありません。

(令和3年5月31日 現在)
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(画像添付) 
直前3年間の熱回収量等 

財務諸表
前年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々々年財務諸表詳細(クリックで表示)

料金
料金の提示方法※料金につきましては個別に御見積致します。弊社営業部までご連絡ください(無料)
料金表、料金算定式(文字表記)
◎廃木材・樹木処分料(持込)
◎収集運搬
 大型ダンプ・平・ウィング車、小型ダンプ車・アームロール車が
収集運搬致します。
但し、積込に関しては別途協議を要します。

◎造成、道路新設・拡幅工事・太陽光発電所等土木工事
伐採・(小運搬)・集積・破砕・収集運搬等も請負います。
見積をさせていただきます。

◎マルチング材、堆肥原料等販売致します。

問合せ先・・・営業部 093-561-3400
料金表、料金算定式(画像添付)詳細(クリックで表示)

社内組織体制
社内組織図詳細(クリックで表示)
人員配置
■取締役会
経営方針の検討・決定
社規・社則の改廃・修正の審議
重要取引の計画・実施
■代表取締役
取締役会の議長
経営方針の指示・承認
社規・社則の改廃・修正の決定・承認
重要取引の決定・承認
社外団体との業務
■監査役
監査に関する重要事項を協議・決定する
計算書類及び監査報告書を受領・精査し署名・捺印する
■事業本部(社長・専務が兼務)
各事業部の指導・監督
各事業部間の連携と調整管理
収支損益の把握と指示
■環境事業部         (社員17名)
所管業務の立案・教育
廃棄物の収集運搬・処分業務
■土木事業部         (社員8名)
所管業務の立案・教育
伐採業務に係る施工及び出来高管理
■貨物運輸部         (社員6名)
所管業務の立案・教育
貨物輸送に係る業務
■営業部           (社員6名)
所管業務の立案・教育
取引先への対応と売掛金管理
■管理部           (社員7名・パート2名)
所管業務の立案・教育
安全衛生業務
総務業務
経理業務

総数46名(社員44名・パート2名)
(注)兼務職員については、主たる部門に計上しています。
  
   ( 令和3年5月31日現在 )

事業場の公開
事業場の公開の有無、頻度安全確保の為、事業場は常時公開していません。発注者・搬出元・収集運搬業者・他関連業者様及び見学希望の団体(町内会・学校関係・子供会)へは事前連絡いただければ公開しています。

自由記載(任意)
その他特記事項
【表彰関係】
☆平成15年度 
   北九州市より産業廃棄物中間処理業優良業者として表彰
   されました。

☆平成20年度 
   北九州市より産業廃棄物中間処理業継続優良業者として
   表彰されました。

☆平成21年12月17日
☆平成24年12月20日
☆平成28年12月15日
  貨物運送事業安全性評価事業(Gマーク)
  安全性優良事業所として認定されました。

☆平成23年5月31日 
  福岡県産業廃棄物協会より優良会員として表彰されました。
  
☆平成25年2月8日
  福岡県知事よりゼロエミッション推進処理事業者として表彰
  されました。

☆平成26年6月13日
  公益社団法人 全国産業廃棄物連合会より
  地方優良事業所として表彰されました。

☆平成27年2月10日
  北九州市産業廃棄物処理認定事業者として、北九州市より認定
  を頂きました。

☆平成27年6月8日
  公益社団法人 福岡県トラック協会より
  無事故運動の取組みに対して表彰されました。

☆平成28年6月8日
  福岡県警察本部 交通部長より
  無事故運動の交通安全活動に対して表彰されました。

☆平成29年6月27日
  陸上貨物運送事業労働災害防止協会より
  職場の労働災害防止に対して表彰されました。

☆平成31年2月8日
  北九州市産業廃棄物処理認定事業者として、北九州市より更新
  認定を頂きました。

【工場見学者】
平成17年1月28日
 *札幌市経済局農務部農業指導センター 様
 *北海道大学大学院工学研究科資源工学専攻廃棄物管理工学分野
  様
 (敷ワラに関して、弊社再生品アンダーチップに興味を示されま
 した。)

平成18年3月7日
 *東京工業大学 資源化学研究所 様
 (木くずの物流に関する調査)

平成18年8月4日
 *北九州市八幡西区 つばさ子供会(30名)様
 (”我が町のリサイクル”をテーマにリサイクル工場を見学され
 ました。・・・夏休みの宿題に役立ててください。)

平成19年10月31日
 *北九州市立大学 国際環境工学部 5名 様
 剪定枝リサイクルの有効利用に興味を持たれ来所されました。
 工場見学と質疑応答しながら、これからの方向性等を話し合いま
 した。斬新で貴重なご意見ありがとうございました。

平成20年1月25日
 「環境問題事例研究」
 *北九州市立大学 国際環境工学部 10名 様
 テーマは ”剪定枝の資源活用”
 25チーム中1次審査を経て8チームが調査研究発表会をしました。
 堂々の総合優勝(3部門中2部門で1位)
 研究発表資料を拝見し、今後の廃棄物処理業務の参考論文とさせ
 ていただきます。 

平成24年6月25日
 北九州市八幡東区枝光北地区住民42名
 北九州市の剪定枝リサイクル事業を視察
 説明会と工場見学をされました。

平成24年10月17日
 北九州市門司区松ヶ江北校区衛生協会住民44名
 北九州市の剪定枝リサイクル事業を視察
 説明会と工場見学をされました。

平成24年10月26日
 JICA事業/タイ帰国研修員5名 KITA職員2名 来所
 タイ帰国研修員の皆様は循環型社会構築の企業モデルとして木く
 ずリサイクル工場で動画撮影の取材を行いました。
 動画取材はタイ国の天然資材環境省のホームページを通じて環境
 教材として、政府部内、自治体、環境行政関係者へ広く情報提供
 し活用される予定です。

平成25年3月14日
 北九州市小倉北区寿山校区まちづくり協議会住民38名
 北九州市の剪定枝リサイクル事業を視察
 説明会と工場見学をされました。

平成25年8月28日
 北九州市小倉北区霧丘校区衛生協会住民44名
 北九州市の剪定枝リサイクル事業を視察
 説明会と工場見学をされました。

平成27年10月9日
 北九州市主催の環境エコツアーで高槻・山路環境衛生協会 41名
 北九州市の剪定枝リサイクル事業を視察
 説明会と工場見学をされました。

【お知らせ】
平成28年1月
 北九州市バイオマス有効活用検討会に参加。

平成28年7月
 燃料電池自動車(TOYOTA MIRAI)を営業車として納入しました。

平成29年9月より
土曜日・日曜・祭日はお休みとさせて頂きます。

令和2年7月2日
 北九州商工会議所様より創業50年の表彰状を頂きました。


☆ホクザイ運輸(株) 受入日程年間カレンダー(弊社ホームページ
参照願います)

 令和3年5月31日現在

自社ホームページURL
表示(クリックで表示)
閉じる