■優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項

氏名または名称 株式会社ジェイ・エム・アール 
業者番号 083539 

会社情報
住所(法人の場合は事務所・事業場の所在地)〒660-0842 兵庫県尼崎市大高洲町9番地の2
代表者氏名(法人の場合)代表取締役社長 杉本 勉
役員等の氏名、就任年月日(法人の場合)
役員の指名及び役員就任年月日 
   
代表取締役社長 杉本  勉 令和 4年 2月 1日
    取締役 國米 敦司 令和 2年 4月 1日
    監査役 丸山 博正 平成30年10月 1日
設立年月日(法人の場合)平成13年6月5日
資本金・出資金の額(法人の場合)
資本金:30百万円
事業の内容
           環境方針

[基本方針]
私たちは、私たちの企業活動が、環境の維持・改善に貢献するもの
となるよう、活動の理念及び基本を“環境方針”として定め、これ
を実行します。

[行動方針]
私たちは、次の事項を遵守します。

1.製品/設備、活動及びサービスが環境へ与える影響を認識し、
これらが環境汚染の予防さらには、環境の良化に寄与するよう、下
記の項目に優先的に取り組み、継続的な環境マネジメントシステム
を構築します。
・環境負荷の低減につながる製品/設備の開発・設計/販売
・省エネルギー、廃棄物の削減およびリサイクルの推進

1.関連する環境法規則などの要求事項を遵守します。

1.この環境方針は、全従業員に周知すると共に、社外に公開しま
す。

  ************************


平成13年6月5日 兵庫県尼崎市に株式会社ジェイ・エム・アールを
設立。

平成14年3月6日 尼崎市において産業廃棄物処分業(中間処理)の
許可を取得。

平成19年3月6日 更新許可。

平成24年3月6日 更新許可(優良認定)。

平成24年3月23日 変更許可(品目追加)。
※LEDランプの処理が出来るようになりました。

平成31年3月6日 更新許可(優良認定)。

許可の内容
事業計画の概要
【事業の全体計画】
 廃蛍光管・廃水銀ランプ・廃LEDランプの破砕および水銀回収に
よる再資源化を行います。
 2017年10月の廃棄物及び清掃に関する法律の改訂により、廃蛍光
管の適正処理が義務付けられました。
 弊社は、廃蛍光管・廃水銀ランプなどから水銀を回収して、ガラ
ス、金属、プラスチック類、蛍光剤に分別回収して、再資源化(リ
サイクル)いたします。
 
【処理計画量】
 年間約1,600t程度(月間130t程度)の廃蛍光管などを受
け入れ、処理しております。
 
【具体的な計画】
 西日本一円の製造業、小売店、建設業および電気工事業などで発
生した廃蛍光管類を収集運搬業者を経由して受け入れ、弊社尼崎工
場にて、分別回収して、リサイクル処理(産業廃棄物中間処理)を行
います。
 
【環境保全措置の概要】
 建屋内でリサイクル処理を実施しており、適切にクローズド化を
実施しています。廃蛍光管類の破砕および水銀回収により発生する
騒音、振動は設備内で処理され、ブロアーおよびバグフィルターに
より飛散防止を講じております。
 また、排水の出ない水の循環・再生使用を行っています。排ガス
に対しては、親会社開発の水銀除去システムなどを導入しており環
境負荷を最小化しています。
 
【その他】

業許可証の写し詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(収集運搬業者)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(文字表記) 
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(画像添付) 
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(文字表記) 
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(画像添付) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(文字表記) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(画像添付) 

施設および処理の状況(処分業者)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記)
設置場所:〒660-0842 兵庫県尼崎市大高洲町9番地の2

設置年月日:平成14年02月21日

施設の種類:中間処理業

産業廃棄物の種類:
 金属くず(廃蛍光管・廃水銀ランプ・廃LEDランプに限る)
 ガラスくず、コンクリートくず(工作物の除去等を除く。)
 及び陶磁器くず(廃蛍光管・廃水銀ランプ・廃LEDランプに限る

 廃プラスチック類(廃蛍光管・廃水銀ランプ・廃LEDランプに限
る)
  以上3種類

処理能力:40W蛍光管(直管)換算して32,000本/日(2直として)

処理方式:破砕及び水銀回収による再資源化

構造・施設の概要:直管切断破砕機(自動:蛍光管カット&クラッ
シャー)、丸管専用切断破砕装置(自動)、破損管等破砕装置、水
銀灯用破砕装置、口金破砕装置(自動)。
上記に記載の機械・装置で破砕し、弊社独自に調整した特殊な液で
洗浄して、其々の分別仕分け回収ラインへと処理されていきます。
工場内の水銀濃度は、常時、モニターで測定しており、0.01mg/立
方メートル以下にして、大気放出いたします。
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付) 
処理施設の設置許可証の写し 
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図詳細(クリックで表示)
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記)
処理工程図(↑)を参照ください。

処理後残渣の外部委託先:
 株式会社環境保全センター(神戸市西区)管理型埋立処分場

 
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付)詳細(クリックで表示)
二次委託先の個社名の公表開示の可否開示可
二次委託先の個社名の公表開示の状況開示済み(Web)
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(文字表記)
下記に添付していますので、そちらから内容をご確認ください。

※平成26年5月14日に修正。ガラスカレットの処分方法ついて、再
確認をおこない、修正(過去3年間について)。
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(文字表記) 
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(画像添付) 
直前3年間の熱回収量等 

財務諸表
前年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々々年財務諸表詳細(クリックで表示)

料金
料金の提示方法
Kg単位で表示いたします。(但し、10Kg単位でのご請求とさせて頂
きます。)
料金表、料金算定式(文字表記)
処理料金につきましては種類、量により計算いたしますので、当社
営業部(電話:06-6409-0252)までご相談ください。無料にて御見
積いたします。

重量測定は、トラックスケールによります。
料金表、料金算定式(画像添付) 

社内組織体制
社内組織図詳細(クリックで表示)
人員配置
(2022年6月現在)

1.管理部(4名)
・財務に関すること
・予算・決算に関すること
・資金運用に関すること
・その他これらに付随する業務

2.営業部(2名)
・処理委託契約書の作成及び管理に関すること
・マニフェストの記入・管理に関すること
・既存顧客のフォロー・管理に関すること
・既存顧客からの受注に関すること
・新規顧客の開拓に関すること
・その他これらに付随する業務

3.工場(7名)
・中間処理施設の運営・管理に関すること
・その他これらに付随する業務

事業場の公開
事業場の公開の有無、頻度
当社の施設見学については、電話またはFAX(電話:06-6409-02
52、FAX06-6409-0195)での事前予約をお願いします。

自由記載(任意)
その他特記事項
・神戸新聞(平成23年6月17日)朝刊に掲載。
 ~蛍光灯リサイクル急増~

・毎日新聞(平成23年7月28日)朝刊の第一面に掲載。
 ~蛍光灯は元気です リサイクル急増~

・JICA地域別研修(平成23年9月20日)の講習・見学先。
 『中南米循環型社会形成促進のための廃棄物総合管理(B)』の
研修を行いました。研修員は、チリ・コロンビア、グアテマラ、パ
ラグアイ、ベネズエラの5ヶ国から8名参加されました。

・JICA地域別研修(平成24年2月7日)の講習・見学先。
 『循環型社会形成促進のための廃棄物総合管理研修』を行いまし
た。研修員は、ベネズエラから8名参加されました。

・JICA地域別研修(平成24年11月1日)の講習・見学先。
 『中南米地域循環型社会形成促進のための廃棄物管理』を行いま
した。研修員は、ボリビア・コロンビア・チリ・キューバ・ドミニ
カ共和国・エルサルバドル・グアテマラ・パラグアイ・パナマ共和
国・ベネズエラの10ヶ国から13名参加されました。

・循環経済新聞(平成26年9月22日)に掲載。
 ~年間1000t強を処理JMR 多様なランプに対応~

・日経産業新聞(平成26年10月20日)に掲載。
 ~蛍光灯97%再資源化 JMR、環境負荷かけない~

自社ホームページURL
表示(クリックで表示)
閉じる