■優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項

氏名または名称 株式会社西商店 
業者番号 000688 

会社情報
住所(法人の場合は事務所・事業場の所在地)〒146-0082 東京都大田区池上六丁目28番5号
代表者氏名(法人の場合)西 義雄(令和4年3月10日現在)
役員等の氏名、就任年月日(法人の場合)
代表取締役 西 義雄 昭和58年8月10日就任
  ※令和4年3月10日現在
設立年月日(法人の場合)昭和32年6月20日
資本金・出資金の額(法人の場合)
資本金 1,000万円
事業の内容
昭和20年 8月 廃品回収業 西商店を創業
昭和25年 6月 再生資源取扱業許可取得 東京都
昭和32年 6月 有限会社組織として社名を有限会社西商店と称する
   資本金 100万円
昭和53年 5月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【東京都】
昭和55年 4月 一般廃棄物処理業許可取得 【東京都23区内】
昭和58年 4月 山梨事業所開設
昭和58年10月 東京都公安委員会古物商許可取得【東京都】
昭和58年11月 山梨県公安委員会古物商許可取得【山梨県】
昭和62年 3月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【山梨県】
4月 一般建設業許可取得(とび・土木工事業)【東京都】
8月 産業廃棄物保管積替業許可取得【東京都】
昭和63年10月 株式会社西商店に組織変更、資本金500万円
平成 2年 2月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【神奈川県】
3月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【茨城県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【川崎市】
8月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【横浜市】
平成 3年 4月 資本金1,000万円に増資
6月 産業廃棄物処分業許可取得【山梨県】
8月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【静岡市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【浜松市】
11月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【千葉県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【千葉市】
平成 4年 5月 一般貨物自動車運送事業許可取得
10月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【大阪府】
12月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【大阪市】
平成 5年 1月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【さいたま市】
12月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【埼玉県】
平成 7年 5月 関連会社、株式会社クリーンマテリアル設立
  同時に山梨県韮崎市に中間処理施設設置
平成11年 1月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【横須賀市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【長野県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【長野市】
2月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【岩手県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【盛岡市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【秋田県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【郡山市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【金沢市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【岐阜市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【名古屋市】
3月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【愛知県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【青森県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【仙台市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【山形県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【栃木県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【宇都宮市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【新潟市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【静岡県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【三重県】
4月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【群馬県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【前橋市】
5月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【福島県】
6月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【富山市】
平成12年 4月 大森事業所『古紙資源化施設』開設
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【相模原市】
平成13年 1月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【岡山市】
8月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【広島県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【山口県】
9月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【石川県】
平成14年 1月 第一種フロン回収業者登録【東京都】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【宮城県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【富山県】
2月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【滋賀県】
7月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【京都府】
8月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【京都市】
9月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【和歌山県】
10月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【和歌山市】
平成15年 3月 京浜島『びん・かん』処理施設開設
平成16年 3月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【豊橋市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【岡崎市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【豊田市】
4月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【埼玉県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【新潟県】
5月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【東京都】
7月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【福井県】
10月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【静岡県】
11月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【広島市】
平成17年 3月 大森事業所閉鎖
4月 『京浜島事業所』開設
  産業廃棄物処理施設・特別管理産業廃棄物保管
  施設を設立し、旧大森事業所『古紙資源化施設』を
  統合
       特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【横浜市】
6月 産業廃棄物処分業許可取得【東京都】
平成18年 1月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【宮城県】
4月 ISO14001環境マネジメントシステム認証取得
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【北海道】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【札幌市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【旭川市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【函館市】
8月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【呉市】
9月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【福山市】
11月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【船橋市】
平成19年 4月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【岐阜県】
5月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【東大阪市】
6月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【堺市】
10月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
       【神奈川県】
  特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【岐阜県】
11月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【高槻市】
12月 第一種フロン回収業者登録【山梨県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【沖縄県】
平成20年 7月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【秋田市】
     9月 京浜島『第ニびん・かん』処理施設開設
10月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【いわき市】
11月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【徳島県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【香川県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【高松市】
12月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【川越市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【愛媛県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【松山市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【高知県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【高知市】
平成21年 3月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【兵庫県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【青森市】
6月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【神戸市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【岡山県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【倉敷市】
7月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【西宮市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【姫路市】
10月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【奈良県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【奈良市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【尼崎市】
  特別管理産業廃棄物収集運搬業廃止【静岡県】
12月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【仙台市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【鳥取県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【島根県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【宮崎県】
平成22年 1月 産業廃棄物収集運搬業許可取得【福岡県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【福岡市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【北九州市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【久留米市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【大分県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【佐賀県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【熊本県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【熊本市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【長崎県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【長崎市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【佐世保市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【宮崎市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【鹿児島県】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【鹿児島市】
2月 産廃エキスパート<収集運搬業・中間処理業>取得
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【大牟田市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【大分市】
  産業廃棄物収集運搬業許可取得【下関市】
4月 山梨県韮崎市龍岡町下條南割字西原333-1に
  別法人として株式会社西商店を設立
平成22年12月 山梨事業所の中間処理施設を閉鎖し中間処理業の
  許可を返納、別法人、株式会社西商店が新たに
 中間処理業許可取得
平成23年 1月 特別管理産業廃棄物収集運搬業廃止【宮城県】
4月 産業廃棄物収集運搬業は許可の合理化により
       都道府県に一本化
  特別産業廃棄物収集運搬業【横浜市】は許可の
 合理化により神奈川県に一本化
平成24年 5月 京浜島倉庫開設(車輌・機材類・資源物の置場)
平成24年11月 京浜島倉庫 一般廃棄物廃家電積替保管 取得
平成25年 2月 京浜島倉庫 産業廃棄物積替保管施設追加
平成25年 3月 特別産業廃棄物収集運搬業許可 
       感染性廃棄物許可取得【東京都】
平成26年12月 特別産業廃棄物収集運搬業許可返納【仙台市】
       最終処分場、岐阜県へ変更の為
平成28年 7月 特別管理産業廃棄物収集運搬業の感染性を廃止
       感染性登録の車両廃止による為【東京都】
                     【埼玉県】
                     【千葉県】
       特別管理産業廃棄物収集運搬業許可返納【千葉県】
       許可品目が感染性のみの為
    10月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【栃木県】
    11月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【群馬県】
平成29年 2月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【千葉県】
平成31年 1月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得【大阪府】

※令和4年3月10日現在
  

許可の内容
事業計画の概要
【事業の全体計画】
【事業全体の概要】
 産業廃棄物・特別管理産業廃棄物収集運搬業
 産業廃棄物処分業 中間処理
 一般廃棄物収集運搬業
 建設業(とび・土工工事業)
 機械搬入・据付等荷役作業
 鉄構造物の解体撤去工事
 鉄・非鉄金属・製紙・製綿原料の回収及び販売
 廃棄物再生事業登録
  (古紙・金属・空缶・空瓶・ガラスくず・ペットボトル)
 一般貨物自動車運送業
 その他関連する事業

【主な事業活動】
  日本中の産業廃棄物収集運搬業の許可を有することで、大き 
 く・重い医療機器、精密機械類の搬入据付・撤去を全都道府県 
 で展開しています。
  また、一部の都道府県においては特別管理産業廃棄物収集運
 搬業の許可も有しております。
  一般貨物自動車運送事業の許可を基に搬入する医療機器類を
 メーカー様の倉庫からユーザー様までの運送も行います。
  撤去についても弊社で行い撤去した産業廃棄物は自社の収集
 運搬業の許可を基に弊社中間処理施設に搬入して処分します。
  また、撤去や医療機器廃棄に伴い発生した特別管理産業廃棄
 物は排出事業者様指定の処分場まで運搬を行います。
  建設業の許可を基に大きなボイラー・冷凍機の撤去工事も請
 け負い、撤去した産業廃棄物は弊社で収集運搬を行い、弊社の
 中間処理施設に搬入して処分します。
  事業系一般廃棄物収集運搬及びマンション等の資源物の回収
 及び廃棄物再生事業登録をした資源化施設を稼働させています。

※令和4年3月10日現在
【処理計画量】
【産業廃棄物処分量の計画数量】
 廃プラスチック類          150t/月
 紙くず                15t/月
 木くず                35t/月
 繊維くず               少量
 金属くず              280t/月
 ガラス・コンクリート・陶磁器くず   10t/月
 がれき類               20t/月

※令和4年3月10日現在
【具体的な計画】
【収集運搬業務の具体的な計画】
 ◎業務を行う時間 
  8:00~17:00      ■要望に応じて24時間対応可
 ◎休業日
  日曜・祝日・年末年始  ■要望に応じて対応可

【産業廃棄物の収集運搬量の計画数量】
 廃プラスチック類          120t/月
 紙くず                10t/月
 木くず                25t/月
 繊維くず                少量
 金属くず              230t/月
 ガラス・コンクリート・陶磁器くず   8t/月
 がれき類               15t/月
 その他                少量

【特別管理産業廃棄物の収集運搬量の計画数量】
 廃酸                  少量
 廃アルカリ               少量
 廃石綿等                少量
 ばいじん                少量
 燃え殻                 少量
 汚泥                  少量


【処分業務の具体的な計画】
 ◎業務を行う時間 
  通常 8:00~17:00 ■要望に応じて24時間受入対応可
 ◎休業日
  日曜・祝日・年末年始  ■要望に応じて対応可

※令和4年3月10日現在
【環境保全措置の概要】
【環境保全措置】
 ■収集運搬
  ◎乗務前の点呼及びアルコールチェックを行う。
  ◎運搬中の荷崩れによる飛散・流出・漏れを防ぐため、
   荷台にシート・ロープ掛けを行う。
  ◎産業廃棄物の種類・形状に応じて適切な容器を使用
   する。
  ◎駐車場はアスファルト舗装を施し、洗車による油等
   の土壌汚染を防止。
  ◎道路交通法を遵守します。
  ◎定速走行を励行し無駄な空ぶかしは行わず、アイド
   リングストップ・急発進急停止をするような運転は
   行わない。
  ◎運搬車両の定期点検はもとより、月ごとに各車両の
   燃料使用量を集計管理し、省エネルギー・地球温
   暖化防止に努めている。
  ◎路面保護の為、大型車はエアサス車輌を導入して
   いる。

 ■中間処理
  ◎廃棄物の処理は全て建屋内で行い、飛散及び騒音・
   悪臭の外部への漏洩を防止している。
  ◎床面はコンクリートを施し、振動を防止。
   また古紙ヤード以外の作業床面をコンクリートを
   施し、その上にさらにステンレス板・鉄板を敷き
   詰め、隙間は全て溶接して液体の漏洩を防止して
   いる。
  ◎機械設備等の定期点検の効率的な運用で省電力に
   努め、構内車輌のアイドリングストップ・空ぶか 
   し・急発進急停止をするような運転は行わない。
   また、月ごとに燃料使用量を集計管理し、省エネ
   ルギー・地球温暖化防止に努めている。
  ◎産業廃棄物の徹底した分別により、資源化率の向
   上に努めている。

※令和4年3月10日現在
【その他】

業許可証の写し詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(収集運搬業者)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(文字表記) 
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(画像添付)詳細(クリックで表示)
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(文字表記)
【積替え保管施設1】
施設所在地  東京都大田区池上六丁目28番5号
面積     積替え保管面積  909.16㎡
最大保管高さ  3.92m

産業廃棄物の種類
  廃プラスチック類・金属くず
  ガラス・コンクリート・陶磁器くず  直置き 37.72㎥
  紙くず               直置き  4.32㎥
  木くず               直置き 14.85㎥
  繊維くず              直置き  5.40㎥
  金属くず              直置き 60.36㎥
  がれき類              直置き  6.07㎥
  廃プラスチック類・金属くず
  ガラス・コンクリート・陶磁器くず
  (廃蛍光ランプ(水銀使用製品産業廃棄物)に限る。)
                    木 箱  2.86㎥
  保管量合計                131.58㎥


【積替え保管施設2】
施設所在地  東京都大田区京浜島二丁目14番14号
面積     積替え保管面積 1,102㎡
最大保管高さ          1.00m

産業廃棄物の種類
    廃油    ドラム缶4本      0.80㎥
    廃酸    プラスチック容器5個  0.10㎥
    廃アルカリ プラスチック容器5個 0.10㎥
          計1.0㎥
 廃プラスチック類・金属くず(廃バッテリーに限る)
             直置・網かご1個
          計1.9㎥(特別管理産業廃棄物との合計量)
 廃酸、特定有害産業廃棄物(廃バッテリーに限る)
               網かご1個  1.2㎥
             パレット直置き 0.7㎥
          計1.9㎥(産業廃棄物との合計量)
保管量合計    2.9㎥

【積替え保管施設3】
 施設所在地 東京都大田区京浜島二丁目11番9号(A棟)
 面積    積替え保管面積 490.0㎡
 最大保管高さ         2.20m

 産業廃棄物の種類
  廃プラスチック類・金属くず
  ガラス・コンクリート・陶磁器くず
  (あきビン、あき缶、廃ペットボトルを除く
                   直置き 837.76㎥
  廃プラスチック類・金属くず
  ガラス・コンクリート・陶磁器くず
  (廃蛍光ランプ(水銀使用製品産業廃棄物)に限る。)   
                    木 箱  2.86㎥
  保管量計                   840.62㎥
 
【積替え保管施設4】
 施設所在地 東京都大田区京浜島二丁目11番9号(B棟)
 面積    積替え保管面積 237.48m2
 最大保管高さ         2.50m
        
 産業廃棄物の種類
  廃プラスチック類・金属くず
  ガラス・コンクリート・陶磁器くず
  (あきビン、あき缶、廃ペットボトルを除く)
  直置き          136.2㎥ 
  保管量計         136.2㎥

※令和4年3月10日現在
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(画像添付) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(文字表記) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(画像添付)詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(処分業者)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記)
【施設住所】
東京都大田区京浜島二丁目14番14号

【施設の種類】
破砕、圧縮、圧縮・切断施設

【産業廃棄物の種類】
廃プラスチック類
紙くず
木くず
繊維くず
金属くず
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
がれき類

【設置年月日・施設の種類・産業廃棄物の種類・処理能力】

平成17年4月2日 破砕機1(二軸破砕機)
廃プラスチック類 5.72t/日
紙くず 4.81t/日
木くず 4.42t/日
繊維くず 3.90t/日
金属くず 5.46t/日
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
8.06t/日

平成19年6月28日 破砕機2(二軸破砕機)
がれき類 4.80t/日

平成19年6月28日 圧縮機(四方締め圧縮機)
         廃プラスチック類      10.1 t/日
金属くず 23.8t/日

平成19年6月28日 圧縮・切断機(全蓋横押付ギロチン)
金属くず 174t/日

【構造・設置の概要】
 ■騒音・振動対策
破砕機1・2、圧縮機
厚さ250mmのコンクリートを打ち、その上に
厚さ22mmの鉄板を引いて堅牢に固定している

圧縮・切断機
厚さ400mmのコンクリートを打ち、その上に
厚さ22mmの鉄板を引いて堅牢に固定している

■発塵対策
破砕機1・2、圧縮・切断機は噴霧器設置

※令和4年3月10日現在
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付) 
処理施設の設置許可証の写し詳細(クリックで表示)
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図詳細(クリックで表示)
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記) 
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付)詳細(クリックで表示)
二次委託先の個社名の公表開示の可否開示可
二次委託先の個社名の公表開示の状況開示済み(Web)
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(文字表記) 
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付)詳細(クリックで表示)
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(文字表記)
対象となる施設はありません。
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(画像添付) 
直前3年間の熱回収量等 

財務諸表
前年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々年財務諸表詳細(クリックで表示)
前々々年財務諸表詳細(クリックで表示)

料金
料金の提示方法
見積書による(無料) 概算料金は添付書類をご確認下さい。
料金表、料金算定式(文字表記)
※令和4年3月10日現在
料金表、料金算定式(画像添付)詳細(クリックで表示)

社内組織体制
社内組織図詳細(クリックで表示)
人員配置
上記「社内組織図」内に記載。
※令和4年7月8日現在

事業場の公開
事業場の公開の有無、頻度
当社では申し込みに応じて随時施設見学を受付けてます。ご希望さ
れる方は、事前にお申込み下さい。電話番号03-3754-2441

自由記載(任意)
その他特記事項
・第三者評価制度「産廃エキスパート」取得
  有効期限 令和3年4月1日~令和6年3月31日
  収集運搬業(積替え保管含む) 認定番号 5-20-B0007
  中間処理業          認定番号 5-20-C0009

・ISO14001環境マネジメントシステム認証取得
  登 録 日:2006年4月22日
  登録番号:RE0476

・産業廃棄物処理業 認定講習会修了者
 収集運搬業 3名
 処分業   3名

・有資格者一覧
 廃棄物処理施設技術管理者(ごみ処理施設)       2名
 廃棄物処理施設技術管理者(産業廃棄物焼却施設)   1名
 廃棄物処理施設技術管理者(産業廃棄物中間処理施設) 2名
 廃棄物処理施設技術管理者(最終処分場)       2名
 東京23区(特別区)一般廃棄物処理業講習修了者    1名
 東京23区(特別区)一般廃棄物許可更新講習会修了者  1名
 冷媒回収技術者                  2名
 2級建設機械施工管理技士              1名
 2級土木施工管理技士                1名
 解体工事施工技士                 1名
 コンクリート解体技能者              1名
 足場の組立て等作業主任者             2名
 職長・安全衛生責任者               2名
 石綿取扱作業従事者                1名
 低圧電気取扱者                  2名
 危険物取扱者(丙種)                2名
 自動車整備技能者                 2名
 運行管理者                    4名
 整備管理者                    3名
 クレーン(5t未満)                 8名
 玉掛け技能者                   13名
 小型移動式クレーン                13名
 フォークリフト                  15名
ショベルローダー                 9名
 車両建設機械(整地・運搬・積込・掘削)       11名
 車両建設機械(解体用)               9名
 小型車両系建設機械(整地用3t未満)         4名
 ガス溶接作業者                  6名
 アーク溶接作業者                 2名
 不整地運搬車運転者                1名
 振動工具取扱作業者                2名
 丸のこ等取扱作業従事者              2名
 酸素欠乏・硫化水素危険作業者(酸素欠乏危険作業者) 2名
 研削といしの取替え等の業務(自由研削用)      1名
 作業指揮者(車両系荷役運搬機械等)         2名
 はい作業主任者                  1名
 高所作業運転技術者                2名
 足場の組み立て等作業主任者            2名
 ゴンドラ取扱業務                 1名
 巻上げ機(ウインチ)の運転             1名
 大型自動車免許                  14名
 大型特殊自動車免許                15名
 索引免許                     5名
 主任計量者                    2名

 
※令和4年3月10日現在
自社ホームページURL
表示(クリックで表示)
閉じる